201030004B 肝炎・肝硬変に対する抗ウイルス剤以外の治療法に関する研究【総合研究報告書 概要版】

文献情報

文献番号
201030004B
報告書区分
総合
研究課題
肝炎・肝硬変に対する抗ウイルス剤以外の治療法に関する研究
課題番号
H20-肝炎・一般-004
研究年度
平成22(2010)年度
研究代表者(所属機関)
佐田 通夫(久留米大学 医学部 内科学講座消化器内科部門)
研究分担者(所属機関)
  • 横須賀 收(千葉大学大学院医学研究院 腫瘍内科学講座)
  • 大平 弘正(福島県立医科大学 医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座)
  • 角間 辰之(久留米大学 バイオ統計センター)
  • 伊東 恭悟(久留米大学 医学部 免疫・免疫治療学講座)
  • 矢野 博久(久留米大学 医学部 病理学講座)
  • 八橋 弘(独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター 臨床研究センター)
  • 加藤 淳二(札幌医科大学 医学部 内科学第四講座)
  • 清家 正隆(大分大学 医学部 肝疾患相談センター)
  • 今福 信一(福岡大学 医学部 皮膚科学教室)
  • 長尾 由実子(久留米大学 医学部 消化器疾患情報講座)
  • 川口 巧(久留米大学 医学部 消化器疾患情報講座)
  • 井出 達也(久留米大学 医学部 内科学講座消化器内科部門)
研究区分
厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 肝炎等克服緊急対策研究
研究開始年度
平成20(2008)年度
研究終了年度
平成22(2010)年度
研究者交替、所属機関変更
-

研究報告書(概要版)

研究目的
肝疾患の終末像である肝硬変、肝癌への進展や発症の阻止および予防を視野に入れ、肝炎・肝硬変に対する抗ウイルス剤以外の治療法を確立することが本研究班の目的である。
研究方法
研究内容は大きく2つの領域からなり、一つは新規治療法の開発、他の一つは治療法開発のために基礎及び臨床研究によって慢性肝疾患や肝癌に関わる種々の病態を解明することである。
結果と考察
新規治療法の確立では、私共が開発したBCAA含有食品のC型慢性肝疾患患者に対しての糖・脂質・蛋白代謝異常に対する改善効果を明らかにするための多施設二重盲検比較試験を開始した。また本食品の安全性、味覚障害の改善効果についても確認した。また、肝硬変に対する新たな肝再生療法の実用化をめざして、患者末梢血から得られる血管内皮前駆細胞を用いた肝動注投与による肝再生療法を開始し、その効果を確認した。NAFLDに対する新規運動療法としてハイブリッド訓練法を確立した。病態の解析では大規模疫学研究によってC型肝炎患者の長期予後と、予後改善効果に寄与するインターフェロン療法の有用性を明らかにした。地域住民のコホート研究からはアルブミン値と生存率に有意な関連性があることを明らかにした。基礎研究ではアルブミンは酸化型と還元型があり、慢性肝疾患の病態形成に関与することを示した。九州地区の肝癌患者の動向と、発癌要因についてその特徴を明らかにした。また、非B非C型肝癌の背景肝病変の組織学的特徴を解析した。糖尿病治療薬と肝発癌、HBVの潜在感染と肝癌との関連、自己免疫性肝炎の進展や発癌状況、乾癬とHCVとの関連、肝疾患患者におけるOral Medicineの重要性、MRIによる肝内鉄濃度評価法の開発、酸化的DNA損傷の修復系酵素活性の個体差と発癌との関連、脾機能と脂肪肝との関連、グレリンと肝再生との関連が明らかにされた。肝疾患患者1336例に対してビブリオ・バル二フィカス感染症の認知度に関する調査と啓発活動を行った。また、研究をデザイン、実施、解析するにあたっては、生物統計学専門家の助言を得た。
結論
今回の研究により、新たな治療法が実際の患者に導入され効果や有用性が検証された。また、一般住民や患者を対象にした啓発活動も積極的に行った。今回の研究結果が肝疾患の進展や発癌の予防、肝疾患と臓器相関さらには医療における連携を実施・検討するうえで多くの情報を提供することになれば幸いである。