概要版

文献情報

文献番号 201817040B
報告書区分 総合
研究課題 精神障害者の地域生活支援を推進する政策研究
課題番号 H28-精神-指定-001
研究年度 平成30(2018)年度
研究代表者(所属機関) 藤井 千代(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所) 
研究分担者(所属機関) 野口 正行(岡山県精神保健福祉センター)、吉田 光爾(東洋大学ライフデザイン学部)、五十嵐 良雄(医療法人雄仁会メディカルケア虎ノ門)、佐藤 さやか(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)、川副 泰成(総合病院国保旭中央病院)、萱間 真美(聖路加国際大学)、椎名 明大(千葉大学社会精神保健教育研究センター)、瀬戸 秀文(長崎県病院企業団長崎県精神医療センター)、松田 ひろし(全国精神医療審査会連絡協議会) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 障害者政策総合研究
開始年度 平成28(2016)年度
終了予定年度 平成30(2018)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
平成25年の精神保健福祉法改正に伴い定められた「良質かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針」に示されている、精神障害者の社会復帰及び自立並びに社会経済活動への参加を促進するための保健医療福祉サービスを、地域でより効果的に展開するための具体的かつ実現可能な方法を提示することを目的とする。
研究方法:
精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築に関連する、1.自治体による精神障害者支援のあり方、2.地域における精神科リハビリテーション、3.包括的支援マネジメントのあり方、4.地域における危機介入及び措置入院に関する課題、5.権利擁護のあり方に関する課題について、各分担班で課題の検討状況を共有しつつ、以下の分担班により調査研究を実施した。 自治体による効果的な地域精神保健医療福祉体制構築に関する研究(野口正行) 自治体で活用できる精神医療と福祉のデータベース構築に関する研究(吉田光爾) デイケア等の機能と転帰に関する大規模調査(五十嵐良雄) 医療機関における就労支援に関する研究(佐藤さやか) 多職種連携による包括的支援マネジメントに関する研究(川副泰成) 訪問看護における多職種アウトリーチに関する研究(萱間真美) 措置入院患者の地域包括支援のあり方に関する研究(椎名明大) 措置入院の実態把握に関する研究(瀬戸秀文) 精神障害者の権利擁護に関する研究(松田ひろし)
結果と考察:
自治体による精神障害者支援のあり方については、平成12年以降の法改正や政策の動向を踏まえて、関係諸団体の合意により精神保健福祉センター、保健所、市町村の各業務運営要領の改正案を示すことができた。また精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築推進のため、自治体が参照できるガイド案を作成した。地域の医療福祉資源や入院者の状況の「見える化」を試み、ウェブ上で誰でも参照できるデータベースを公開したことにより、自治体関係者が地域の実情を全国平均や他の地域と比較することが容易になった。地域における精神科リハビリテーションのあり方について、精神科デイケア及び障害福祉サービスの実態を詳細に検討した。精神科デイケアは、就労や復職といった社会復帰のための役割を担うとともに、重症者の地域生活機能維持においても必要不可欠である状況が確認できた。一方で、近年障害福祉サービスによる就労支援や生活支援が充実しつつある中、医療サービスである精神科デイケアの役割を再考する時期にあるとも考えられる。包括的支援マネジメント(ICM)に関しては、全国の訪問看護ステーションへの調査から精神科訪問看護の実施状況を把握し、訪問看護におけるケースマネジメントのあり方について質的分析を行った。今年度から新設された精神科在宅患者支援管理料については、同管理料を算定している医療機関の協力を得てサービス提供状況と転帰を調査した。先駆的にICMを実施している医療機関における調査で、ICMを必要とする患者の特徴を明らかにし、ICMの具体的なサービス提供内容を示しうえで、実行可能性調査を踏まえてICM実践ガイド・ツールを作成した。ICMは中重度の精神障害者を地域で支えるうえで必要な支援であるが、診療報酬上の評価はされていない。精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築推進のためには、個々の精神障害者のニーズに応じた包括的支援の提供がその核となる。今後診療報酬等で評価され、ICMが普及することにより地域全体の包括的支援が推進されることが望まれる。措置入院に関する診断書調査等を踏まえて、エキスパートコンセンサスにより措置入院の運用ガイドライン、精神障害者の退院後支援ガイドライン、支援ニーズアセスメントを完成させ、措置入院診療ガイドライン案を示した。これらのガイドライン普及のため全国研修会を実施し、年度末に普及状況を把握した。グレーゾーン事例については、デルファイ法による意見集約を行い、指定医アンケートにより課題整理を行った。措置入院者の実態調査については、前向きコホートを実施中である。全国調査により、矯正施設長通報の抱える課題についても整理した。隔離拘束に関する全国調査を行い、5年前との比較において、隔離拘束いずれの実施率も増加している状況を示した。また全国の精神医療審査会に対し、退院請求及び処遇改善請求の詳細に関する調査及び事例調査を実施し、精神医療審査会の今後のあり方について検討した。
結論:
本研究により、地域精神医療福祉の総合的な実態把握と今後の方向性の検討を行うことができ、各種ガイドラインや実践ガイド作成等を通じて新たな政策理念である「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」構築のための具体的提言を行うことができた。
公開日 2019年09月12日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2019年09月12日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201817040C

成果

専門的・学術的観点からの成果 全国規模の障害福祉データ、精神科デイケア、アウトリーチに関するデータの収集、分析により、総合的な地域精神医療福祉の実情と今後の方向性を検討することができた。福祉の社会資源整備状況と医療系のデータを連動させ、精神保健施策及び医療計画に生かせる可能性を示した点でも、学術的な意義があると考える。措置入院に係る全国自治体調査、診断書調査、前向き及び後向き患者調査により、これまで明らかにされていなかった措置入院の実態、制度運用の問題点、措置入院患者に提供された医療・支援と患者転帰を検証することができた。
臨床的観点からの成果 包括的支援マネジメントの必要性及びプロセス調査は本邦初であり、包括的支援マネジメントの対象者選定や支援提供の特徴を明らかにし、成果物について現場での実行可能性についても検証したことにより、今後精神科臨床において、根拠に基づく実践の実装につなげることができると考えられる。精神障害者の退院後支援についての標準的な手順を示し、いわゆる「グレーゾーン事例」についての対応の検討についても精神科臨床に直結する成果であると考える。
ガイドライン等の開発 本研究班の研究成果である「措置入院の運用ガイドライン」「自治体による精神障害者の退院後支援ガイドライン」「支援ニーズアセスメント」を踏まえ、平成30年3月27日に厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知「「措置入院の運用に関するガイドライン」について(厚生労働省障発0327第15号)」及び「「地方公共団体による精神障害者の退院後支援のガイドライン」について(厚生労働省障発0327第16号)」が発出された。
その他行政的観点からの成果 本研究により、「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」で示された論点への具体的な対応策を示すことができた。また国会において調査研究が必要とされた課題の多くを本研究班において実施し、その成果を示している。全国の自治体が使用できるWeb上でデータを閲覧でき、全国と比較できるシステムの構築を行い、自治体からのフィードバックを得て改修を予定していることや、措置入院ガイドライン等の普及に向けた現地研修を行うなど、研究成果を現場や行政において実際に生かせる工夫をしている。
その他のインパクト 研究班発足後に発生した相模原障害者施設殺傷事件の検証チームや、国会審議において必要とされた資料を本研究班により作成するなど、行政的な必要性に速やかに対応してきた。研究成果を踏まえて発出された通知の普及啓発のための全国研修を実施しており、多くの都道府県及び政令市でガイドラインに沿った精神障害者の退院後支援が開始されている。精神医療福祉データを見える化した成果は、ホームページ上で閲覧可能であり、精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築に寄与している。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 7件  
英文等 4件  
その他の論文 和文 29件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 65件  
国際学会等 7件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 2件 「措置入院の運用に関するガイドライン」、「地方公共団体による精神障害者の退院後支援に関するガイドライン」
普及・啓発活動 4件 ReMHRAD 地域精神保健福祉資源分析データベース:https://remhrad.ncnp.go.jp/

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 杉山直也,長谷川 花,野田寿恵,他  精神科救急入院患者レジストリを用いた措置入院者の臨床特徴の緊急解析  精神医学  59  779-788  2017  DOI:10.11477/mf.1405205439 
原著論文 2 山口創生,川副泰成,名雪和美,他  精神科医療機関におけるケースマネジメントサービス利用者と非利用者の特性の比較:探索的外来患者調査  精神医学  61  81-91  2019  DOI:10.11477/mf.1405205757 
原著論文 3 鈴木浩太,山口創生,川副泰成,他  包括的支援マネジメントの必要性に関する精神科通院患者の特徴―決定木分析による検討―  臨床精神医学  48  125-131  2019  DOI:10.11501/3466218 
原著論文 4 Sasaki, N.,Yamaguchi, S.,Shimodaira, M.,et al.  Development and validation of a Japanese Fidelity scale for supported employment.   Administration and Policy in Mental Health and Mental Health Services Research  45     318-327  2018  doi: 10.1007/s10488-017-0825-y 
原著論文 5 Shiina A, Ojio Y, Sato A,et al.  The recognition and expectations of ex-inpatients of mental health services: A web-based questionnaire survey in Japan  PlosOne  13  10  e0197639-   2018  doi: 10.1371/journal.pone.0197639 

公開日・更新日

公開日 2020年06月09日
更新日 -

▲このページのTOPへ