概要版

文献情報

文献番号 201525025B
報告書区分 総合
研究課題 ソーシャル・キャピタルの概念に基づく多部門連携による地域保健基盤形成に関する研究
課題番号 H25-健危-若手-015
研究年度 平成27(2015)年度
研究代表者(所属機関) 近藤 尚己(東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻) 
研究分担者(所属機関) 近藤 克則(千葉大学 予防医学センター)、尾島 俊之(浜松医科大学 医学部医学科 健康社会医学講座) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 健康安全・危機管理対策総合研究
開始年度 平成25(2013)年度
終了予定年度 平成27(2015)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
健康日本21(第二次)の基本姿勢となるなど、地域のソーシャル・キャピタルを醸成することで健康増進を図る「地域づくり型」の保健施策の重要性が高まっている。しかしソーシャル・キャピタルの概念には誤解や誤用が多く、その醸成手法も発展途上である。そこで本研究は、地域づくり型の保健施策を進めるために、まずソーシャル・キャピタルの概念を整理し、その醸成方法の在り方を検討すること、そして、介護予防を例として自治体との連携により実際に地域のソーシャル・キャピタルの醸成を行うことで、その課題や手法についての知見を得ることを目的とした。
研究方法:
初年度に文献研究を行った。熊本県御船町および兵庫県神戸市において多部署連携会議の立ち上げと継続、儒眠組織の育成等のソーシャルキャピタル醸成のモデルづくりを支援し、参与観察した。
結果と考察:
地域づくり型の公衆衛生活動においては,コールマンやパットナムによる定義に基づき,グループメンバー同士やグループ同士の良好な関係性を追求するような,集団の凝集的特性としてのソーシャル・キャピタルの醸成を進めることが概念的に合致していた。住民同士のつながり醸成を各課バラバラに行うことは不効率で弊害も多いことから、まずは自治体内の各部署の横断的な連携システムを作ることが重要であると考えられた。 いずれの自治体でも初年度に部署間連携組織がたちあげられ、次年度に定例会議化、最終年度には民間企業との連携が加わり、実際にモデル地区において住民の自主的運営による高齢者の「集いの場」が複数誕生した。両自治体において、厚労省第4回「健康寿命のばそう!アワード」受賞に結び付くなどの成果が出た。 マネジメント上も前進した。御船町では介護保険事業計画に閉じこもりの地域間格差の縮小が目標値として盛り込まれた。神戸市では民間企業の参入による住民主体の介護予防カフェが設立、また業務ビッグデータ活用による地域の保健診断のためのデータ利用システムができた。この連携をベースとして、情報端末などを活用した新たな住民主体の集いの場の事業が始まるなど、住民レベルのソーシャル・キャピタル醸成に貢献した。 アンケート調査により得られたデータからは、高齢者の社会参加の進め方に示唆を与える複数の学術的成果が得られた。
結論:
ソーシャル・キャピタルの育成には、幅広い官民の組織連携が有効であり、その好事例の作成に貢献した。今後の普及に向けては、今回研究者が担当したような連携や地域診断データの活用に関するアドバイザー機能およびコーディネーションの支援機能を担う地域の人材や担当機関が育成されることが求められる。
公開日 2016年06月20日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2017年01月20日
更新日 -

ファイルリスト


表紙
目次

目次  [0.031MB]

総合研究報告書
分担研究報告書
研究成果の刊行に関する一覧表
 

公開日・更新日

公開日 2016年09月14日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201525025C

成果

専門的・学術的観点からの成果 公衆衛生活動において、ソーシャルキャピタルという概念をどう扱うべきか、それをどのように醸成すべきかを整理した。今回は高齢者保健を題材とした。地域包括ケアシステムは、地域のソーシャルキャピタルの醸成と密接に関係している。地域包括ケアシステムの構築と発展の上で、本研究の成果の活用が期待される。
臨床的観点からの成果 本研究で進めてきた、地域づくりの事例の普及が進めば、最終的には要介護状態の発生の防止に結び付く可能性がある。本研究で進めてきた部署間連携のモデルは介護や医療の二次予防に必要な医療者と地域との連携にも応用可能である。
ガイドライン等の開発 データ活用と部署間連携、その支援をする組織(都道府県など)への支援の方法、そして住民組織の育成のについて、現在3つのマニュアルの作成作業が進んでいる。本研究で構築した神戸市や御船町の事例から得られた知見が豊富に引用される予定である。本研究で得られた社会関係と健康との関連に関するエビデンスに基づき、生活圏域ニーズ調査の項目の見直しが行われている。
その他行政的観点からの成果 御船町・神戸市での介護予防活動・地域の住民組織の育成活動に大きく貢献してきた。周辺の自治体からの関心も高く、今後の普及が大いに期待される。
その他のインパクト 「笑わない人は脳卒中リスク1.6倍増」「ひとり暮らしの男性はひとりで食事をしていると2.7倍うつになりやすい」「男性の肥満による死亡リスクは低所得者で約2倍高くなる」など多数メディア掲載。日本公衆衛生学会では「ソーシャルキャピタル」に関する自由集会を毎年実施。2014年・2015年度でシンポジウム開催。今年度も部署間連携に関するシンポジウムを開催する。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 28件  
英文等 33件  
その他の論文 和文 12件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 62件  
国際学会等 3件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 4件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 Ishikawa Y, Kondo N, Kondo K, et al.  Social participation and mortality: Does social position in civic groups matter?  BMC Public Health  16  394   -   2016  10.1186/s12889-016-3082-1 
原著論文 2 Yamakita M, Kanamori S, Kondo N, et al.  Correlates of Regular Participation in Sports Groups among Japanese Older Adults: JAGES Cross-Sectional Study  PLoS One  10  10  e0141638-   2015  doi: 10.1371/journal.pone.0141638 
原著論文 3 Hayashi K, Kawachi I, Ohira T, et al.  Laughter and Subjective Health Among Community-Dwelling Older People in Japan: Cross-Sectional Analysis of the Japan Gerontological Evaluation Study Cohort Data  J. Nerv. Ment. Dis.  203  12  934-942  2015  10.1097/NMD.0000000000000399 
原著論文 4 Tani Y, Sasaki Y, Haseda M, et al.  Eating alone and depression in older men and women by cohabitation status: The JAGES longitudinal survey  Age Ageing  44  1019-1026  2015  doi: 10.1093/ageing/afv145 
原著論文 5 Tani Y, Kondo N, Takagi D, et al.  Combined effects of eating alone and living alone on unhealthy dietary behaviors, obesity and underweight in older Japanese adults: Results of the JAGES  Appetite  95     1-8  2015  http://dx.doi.org/10.1016/j.appet.2015.06.005 
原著論文 6 Haseda M, Kondo N, Takagi D, Kondo K  Community social capital and inequality in depressive symptoms among older Japanese adults: a multilevel study.   Health & Place  15  52  8-17  2018  10.1016/j.healthplace.2018.04.010 
原著論文 7 Hikichi H, Kondo N, Kondo K, et al.  Effect of a community intervention programme promoting social interactions on functional disability prevention for older adults: propensity score matching and instrumental variable analyses, JAGES Taketoyo study  J. Epidemiol. Community Health         -   2015  doi:10.1136/jech-2014-205345 
原著論文 8 Koyama S, Aida J, Kawachi I, et al.  Social support improves mental health among the victims relocated to temporary housing following the Great East Japan Earthquake and Tsunami  Tohoku J Exp Med  234  241-247  2015    
原著論文 9 Kondo N, Saito M, Hikichi H, et al.  Relative deprivation in income and mortality by leading causes among older Japanese men and women: AGES cohort study  J Epidemiol Community Health  69  680-685  2015  doi:10.1136/jech-2014-205103 
原著論文 10 Haseda M, Kondo N, Ashida T, Tani Y, Takagi D, Kondo K  Community Social Capital, Built Environment, and Income-Based Inequality in Depressive Symptoms Among Older People in Japan: An Ecological Study From the JAGES Project.  Journal of Epidemiology   28  108-116  2018  10.2188/jea.JE20160216 
原著論文 11 Kondo K  Evaluation of Effectiveness, Quality and Inequalities in Health, Medical and Long-Term Care -- Achievements and Challenges  Public Policy Review  11  685-718  2015    
原著論文 12 Ito K, Aida J, Yamamoto T, et al.  Individual- and Community-level Social gradients of Edentulousness  BMC Oral Health  15  34   -   2015  10.1186/s12903-015-0020-z 
原著論文 13 Saito M, Kondo N, Aida J, Kawachi I, Koyama S, Ojima T, Kondo K.  Development of an instrument for community-level health related social capital among Japanese older people: The JAGES Project.   Journal of Epidemiology  27  221-227  2017  10.1016/j.je.2016.06.005 
原著論文 14 Tani Y, Kondo N, Nagamine-Takahashi Y, et al.  Childhood socioeconomic disadvantage is associated with lower mortality in older Japanese men: the JAGES cohort study  Int. J. Epidemiol.  45  1226-1235  2016  10.1093/ije/dyw146 
原著論文 15 Ashida T, Kondo N, Kondo K  Social participation and the onset of functional disability by socioeconomic status and activity type: the AGES cohort study  Prev. Med.  89     121-128  2016  doi: 10.1016/j.ypmed.2016.05.006 
原著論文 16 Ishikawa Y, Kondo N, Kondo K, et al.  Social participation and mortality: does social position in civic groups matter?  BMC Public Health  16  394   -   2016  DOI: 10.1186/s12889-016-3082-1 
原著論文 17 Hayashi K, Kawachi I, Ohira T, et al.  Laughter is the Best Medicine? A Cross-Sectional Study of Cardiovascular Disease Among Older Japanese Adults  J. Epidemiol.  26  10  546-552  2016  doi:10.2188/jea.JE20150196 
原著論文 18 Koyama S, Aida J, Saito M, et al.  Community social capital and tooth loss in Japanese older people: a longitudinal cohort study  BMJ Open  e010768-   2016  doi: 10.1136/bmjopen-2015-010768 
原著論文 19 Shiba K, Kondo N, Kondo K, Kawachi I.  Retirement and mental health: does social participation mitigate the association? A fixed-effects longitudinal analysis.  BMC Public Health  17  526   -   2017  https://doi.org/10.1186/s12889-017-4427-0 
原著論文 20 Shiba K, Kondo N, Kondo K  Informal and Formal Social Support and Caregiver Burden: AGES Caregiver Survey  J. Epidemiol.  26  12  622-628  2016  10.2188/jea.JE20150263 

公開日・更新日

公開日 2016年06月15日
更新日 2018年06月22日

▲このページのTOPへ