概要版

文献情報

文献番号 201444006A
報告書区分 総括
研究課題 データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究
課題番号  
研究年度 平成26(2014)年度
研究代表者(所属機関) 近藤 尚己(東京大学 大学院医学系研究科) 
研究分担者(所属機関) 近藤 克則(千葉大学 予防医学センター)、尾島 俊之(浜松医科大学 医学部)、相田 潤(東北大学大学院 歯学研究科)、斉藤 雅茂(日本福祉大学 社会福祉学部)、鵜川 重和(北海道大学 医学研究科)、羽田 明(千葉大学大学院 環境医学講座)、斎藤 民(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター)、竹田 徳則(星城大学 リハビリテーション学部)、山谷 麻由美(吉原 麻由美)(長崎県立大学 看護栄養学部)、等々力 英美(琉球大学大学院 医学研究科)、白井 こころ(琉球大学 法文学部)、藤野 善久(産業医科大学 医学部)、花里 真道(千葉大学)、河村 洋子(熊本大学 政策創造研究教育センター) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 【委託費】 長寿科学研究開発
開始年度 平成26(2014)年度
終了予定年度 平成26(2014)年度
研究費 15,131,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
市町村の高齢者保健の状況をデータや地図でわかりやすく「見える化」して、データに基づく介護予防対策に生かそうとする試みが始まっている。しかし、そうした情報を実際の対策に活かすための現場ノウハウは少なく、特に地域づくり型事業に不可欠な多部門連携の場での活用経験は乏しい。そこで本研究は、申請者らが10万人規模の縦断疫学研究の結果による地域診断データを活用して地域づくり型の健康増進と健康格差対策を進めるための実践的エビデンスを提供することを目的とした。
研究方法:
本研究では、JAGESプロジェクトへの参加32市町村と連携して取り組みを実践する。全参加市町村中15保険者を選定して、研究者とのタイアップによるデータの利活用と多部門連携により、組織レベルのソーシャル・キャピタルの醸成を進める。多部門連携によりデータの利活用を進めることの効果を、2013年度に実施した調査をベースラインとして、2016年度に予定している追跡調査、及び年1回行う市町村の担当者向けの調査により検証する。
結果と考察:
初年度の本年度は、プロジェクトの総合推進の基盤づくりとして、JAGESデータの見える化システムに搭載しているデータを、2013年調査を用いてアップデートした。また、2010年調査と2013年調査の縦断パネルデータおよび介護認定データを処理して要介護度の変化を追跡できるソフトを開発した。15の市町村で、担当者と研究者との連携体制を構築し、データの活用と施策の推進を開始した。市町村担当者と研究者とが円滑に情報交換できるためのメーリングリストやホームページのコミュニティを立ち上げた。地域診断データの可視化の妥当性とわかりやすさを向上させるため、経験ベイズ法によるスムージングの効果を検証した。市町村職員との連携が進んだ15市町村での施策推進事例を質的に評価した。データ活用による介入の効果を評価するため、市町村の担当者105名を対象とした質問紙調査を行い、102名より回答を得た。職員の施策化能力や職務上のソーシャル・キャピタルについて評価した。効果評価に有効な指標を開発するための複数の分析を進めた。社会環境の整備を進めるために不可欠な多職種連携に必要な部署間連携の推進のためのツール開発を開始した。また、連携会議の場に有効のファシリテーション技法を評価した。
結論:
次年度も継続して多様な特性を持つ市町村での経験を蓄積し、地域診断から介護予防施策の計画立案・実施・評価までのプロセスのパッケージ化と普及を目指す。
公開日 2015年07月02日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2016年01月22日
更新日 -

ファイルリスト


表紙

表紙  [0.004MB]

裏表紙  [0.005MB]

目次

目次  [0.090MB]

総括研究報告書
分担研究報告書

差込用紙  [0.004MB]

分担研究報告書  [2.854MB]

分担研究報告書  [8.068MB]

分担研究報告書  [32.757MB]

分担研究報告書  [7.748MB]

分担研究報告書  [3.222MB]

分担研究報告書  [10.261MB]

分担研究報告書  [1.475MB]

分担研究報告書  [5.373MB]

分担研究報告書  [0.029MB]

分担研究報告書  [0.427MB]

分担研究報告書  [7.272MB]

分担研究報告書  [0.028MB]

分担研究報告書  [0.177MB]

分担研究報告書  [0.090MB]

分担研究報告書  [0.060MB]

分担研究報告書  [5.043MB]

分担研究報告書  [0.897MB]

分担研究報告書  [0.077MB]

分担研究報告書  [2.318MB]

分担研究報告書  [1.399MB]

分担研究報告書  [0.226MB]

分担研究報告書  [0.094MB]

分担研究報告書  [0.716MB]

分担研究報告書  [0.059MB]

分担研究報告書  [0.101MB]

分担研究報告書  [0.556MB]

分担研究報告書  [4.546MB]

分担研究報告書  [0.004MB]

研究成果の刊行に関する一覧表

発表実績  [0.024MB]

分担研究報告書

分担研究報告書  [0.004MB]

 

公開日・更新日

公開日 2015年06月17日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201444006C

成果

専門的・学術的観点からの成果 厚生労働省が進めている保健医療情報の「見える化」システムなど、データツールを市町村自治体が効果的に活用して地域づくり型の介護予防対策を進めている好事例を大都市、中山間地、寒冷地など、様々な地域で構築した。その過程や現状について、複数の学術誌・商業誌で報告した。
臨床的観点からの成果 廃用症候群や閉じこもりなど、臨床的に要介護のリスクとなる要因を地域において予防するための行政側のしくみづくり、行政と住民組織との連携のあり方についての効果的な事例づくりが進んだ。次年度本格的に介護サービス事業者等々の協議体における連携とまちづくりのための活動につなげる礎ができた。
ガイドライン等の開発 介護予防のためのデータ活用方法について、現在事例を基にモデル化をすすめ、将来の普遍的な方法論の報告を目指している。
その他行政的観点からの成果 複数の市町村自治体の第6時介護保険事業計画に、データに基づくマネジメントや健康格差対策に関する数値目標が盛り込まれた。また健康増進計画の見直しにおける対策へのデータの活用とデータを基にした多職種連携の枠組みの追加がされるなど、参考にされた。
その他のインパクト 被災地での地域力(ソーシャル・キャピタル)の醸成に関するシンポジウム、雑誌AERAでの特集・ウェブメディア(シノドスインタビュー(http://synodos.jp/intro/13901)・coFFee doctorsインタービュー(http://coffeedoctors.jp/doctors/2510/)等で取り上げられた。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 3件  
英文等 9件  
その他の論文 和文 0件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 14件  
国際学会等 0件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 3件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 Kondo N, Saito M, Hikichi H, et al.  Relative deprivation in income and mortality by leading causes among older Japanese men and women: AGES cohort study  Journal of Epidemiology and Community Health  69     680-685  2015  10.1136/jech-2014-205103 
原著論文 2 鵜川重和・玉腰暁子・坂元あい  介護予防の二次予防事業対象者への介入プログラムに関する文献レビュー  日本公衆衛生雑誌  62  3-19  2015  http://doi.org/10.11236/jph.62.1_3 
原著論文 3 山谷麻由美・荒木典子  地域診断を起点とした地域住民や関係機関との協働のまちづくり−介護予防 Webアトラスを活用した松浦市の試み−  医学書院,保健師ジャーナル  70  812-816  2014  10.6133/apjcn.2014.23.3.05. 
原著論文 4 Yamada M, Asakura K, Sasaki S, et al.  Estimation of intakes of copper, zinc, and manganese in Japanese adults using 16-day semi-weighed diet records  Asia Pac J Clin Nutr  23  465-472  2014    
原著論文 5 Tatsuo Yamamoto, Katsunori Kondo, Jun Aida et al.  Social determinants of denture/bridge use: Japan gerontological evaluation study project cross-sectional study in older Japanese  BMS Oral Health  14     63-   2014  10.1186/1472-6831-14-63 
原著論文 6 Tatsuo Yamamoto, Katsunori Kondo, Jun Aida et al.  Association between the longest job and oral health: Japan Gerontological Evaluation Study project cross-sectional study  BMC oral health  14     130-   2014  10.1186/1472-6831-14-130 
原著論文 7 Takeuchi K, Aida J, Ito K et al.  Nutritional Status and Dysphagia Risk among Community-Dwelling Frail Older Adults  The journal of nutrition, health & aging  18  352-357  2014  10.1007/s12603-014-0025-3. 
原著論文 8 Rouxel PL, Heilmann A, Aida J et al.  Social capital: theory, evidence, and implications for oral health  Community Dent Oral Epidemiol  43  97-105  2015  10.1111/cdoe.12141. Epub 2014 Dec 22 
原著論文 9 Keiko Murakami1, Jun Aida, Takayoshi Ohkubo et al.  Income-related inequalities in preventive and curative dental care use among working-age Japanese adults in urban areas: a cross-sectional study  BMC Oral Health  14     117-   2014  10.1186/1472-6831-14-117 
原著論文 10 Matsuyama Y, Aida J, Takeuchi K et al.  Inequalities of dental prosthesis use under universal healthcare insurance  Community Dent Oral Epidemiol  42  122-128  2013  10.1111/cdoe.12074 
原著論文 11 Satoru Kanamori, Yuko Kai, Jun Aida et al.  Social Participation and the Prevention of Functional Disability in Older Japanese: The JAGES Cohort Study  PLos One  e99638-   2014  10.1371/journal.pone.0099638 
原著論文 12 等々力英美  第8 章 戦後沖縄における食事・栄養と食環境の変遷  島嶼地域の新たな展望,藤田陽子,渡久地 健,かりまたしげひさ編,九州大学出版会         -   2014    

公開日・更新日

公開日 2015年09月17日
更新日 -
収支報告書

文献情報

文献番号 201444006Z

報告年月日

報告年月日 2015年04月09日
 

収入

(1)補助金交付額 19,670,000円
(2)補助金確定額 19,670,000円
差引額 [(1)-(2)] 0円
 

支出

研究費(内訳) 直接研究費 物品費 1,798,385円
人件費・謝金 1,133,716円
旅費 1,448,608円
その他 10,772,522円
間接経費 4,539,000円
合計 19,692,231円
 

備考

備考  
 

公開日・更新日

公開日 2015年09月17日

▲このページのTOPへ