概要版

文献情報

文献番号 201718001B
報告書区分 総合
研究課題 性感染症に関する特定感染症予防指針に基づく対策の推進に関する研究
課題番号 H27-新興行政-一般-001
研究年度 平成29(2017)年度
研究代表者(所属機関) 荒川 創一(神戸大学 大学院医学研究科) 
研究分担者(所属機関) 中瀬 克己(岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科)、小森 貴(公益社団法人 日本医師会)、釜萢 敏(公益社団法人 日本医師会)、白井 千香(大阪市立大学 大学院医学研究科)、余田 敬子(東京女子医科大学 医学部)、濱砂 良一 (産業医科大学 医学部)、三鴨 廣繁(愛知医科大学 大学院医学研究科)、川名 敬(日本大学 医学部)、伊藤 晴夫(千葉大学 医学部)、砂川 富正(国立感染研究所 感染症疫学センター)、石地 尚興(東京慈恵会医科大学)、高橋 聡(札幌医科大学 医学部)、田中 一志( 神戸大学 大学院医学研究科 ) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究
開始年度 平成27(2015)年度
終了予定年度 平成29(2017)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
1.性感染症発生動向調査における性感染症定点把握4疾患と梅毒の届出状況を解析。先天梅毒児の臨床像・治療実態および親の梅毒感染・治療に関連する研究。2.性感染症への自治体の対応状況を調査。3.性感染症予防について、学校教育での性教育での取り扱いの再構築。4.経年的に行ってきた性感染症のセンチネルサーベイランスを継続実施。5. 健常女性におけるHPV検出状況、HPVワクチンの有効性について評価。早期梅毒におけるT. pallidumの髄液中への侵入を解明。梅毒抗体検査結果の後方視的実態調査。6.妊婦尖型コンジローマ、梅毒感染妊婦の実態を検討、HPVワクチンについて高校生3年生の意識調査。7.淋菌・クラミジアの咽頭感染と口腔・咽頭梅毒の臨床像の解析。8.Mycoplasma genitalium検査法の検討と薬剤耐性遺伝子の解析と我が国における耐性状況の検討。 9.梅毒治療ペニシリン内服療法の現状を把握。10.クラミジア・淋菌の迅速核酸増幅法、淋菌の新規治療薬を検討。
研究方法:
1.感染症サーベイランスシステム(NESID)から抽出し、解析。先天梅毒13症例を調査。2.自治体に質問紙を送付回収し、分析。3学習スライドの普及や活用を試み、教職員(保健体育・養護教諭など)用教導ツールを作成。4.疫学的手法により、性感染症の全国の10万人対年罹患率を推計。5.日本人女性子宮頸部におけるHPV検出状況を検討。尿検体を用いたHPV検査の感度を検討。HPVワクチン接種後、尖圭コンジローマ視診、子宮頸部細胞診検査を実施。早期梅毒におけるT. pallidumの髄液中侵入の状況をPCRで検討。RPR・TPLAが実施された症例を後方視的に調査。6.子宮頸部擦過細胞の、HPVタイプの分布を検討。性感染症の母子伝播調査を実施。高校3年生にHPVワクチンについてアンケート調査。7.咽頭スワブとうがい液での淋菌、クラミジアの核酸増幅法での検討。咽頭梅毒の臨床的検討。8.M. genitalium株の「リボテスト マイコプラズマ」感度、マクロライド耐性、キノロン耐性関連遺伝子変異の検討。9.アンケート調査。10.従来法と比較、MIC検討。
結果と考察:
1.定点把握疾患は、概ね例年並み横ばい。梅毒は5年間に渡り、毎年増加。先天梅毒の発生を予防するためのポイントを提案。2.自治体で人材の強化が必要。3.教育ツールの活用方法や普及効果などを実効的に検討。4.クラミジア感染症は20代前半で増加。梅毒は5年間で5倍以上に増加し、2017年では女性が男性を超えた。5.子宮がん検診で細胞診にHPVスクリーニング検査を併用することは臨床的に有用。尿検体を用いたHPV遺伝子検査の感度が十分とは言えない。HPVワクチン接種者では4年後の時点で子宮頸部の細胞診異常は認めず、4価では尖圭コンジローマの予防効果が確認された。早期梅毒においてもT. pallidumの髄液中への侵入を認めた。RPR・TPLAともにスクリーニングで陽性割合が増加傾向。6.妊婦では不顕性感染からコンジローマが発生しやすい。先天梅毒の背景に、社会的ハイリスク妊婦の問題がある。高校生も、HPVワクチンの必要性や重要性を理解している。7.性器と咽頭の淋菌・クラミジア同日検査の保険収載が必要。梅毒初診時の口腔咽頭所見を解明。8.「リボテスト マイコプラズマ」はM. genitaliumに対しては臨床使用不可。M. genitaliumのマクロライド耐性、MFLX耐性が増加し、多剤耐性化が認められた。 9.ガイドラインは普及している。10.迅速診断は有用、MEPMの治療薬可能性が示唆。
結論:
1.先天梅毒も含め、発生動向を対策に繋げる事が重要。2.梅毒増加に対し、人材の強化、自治体間の情報共有の充実が必要。3.予防啓発ツールを普及させ、Q&A集を作成。4.若年者の性感染症の罹患が多い。また妊婦健診より梅毒・性器クラミジア感染症発見される。5.早期梅毒においてもT. pallidum髄液中侵入を認める症例あり。基本的検査として梅毒抗体の重要性が増す。6.母子感染の観点から尖型コンジローマの啓発が必要。4価HPVワクチンの普及が急がれる。妊娠期梅毒の根本解決が必要。HPVワクチン接種啓発を公的機関から発信すべき。7.淋菌・クラミジア感染症に関し性器と咽頭の同日検査の保険認可が必要。咽頭梅毒に関する情報を広く臨床医に発信すべき。8. M. genitaliumでマクロライド、MFLX耐性が増加し多剤耐性化している。9.今後、筋注製剤の導入が望まれる。10.迅速核酸増幅法は改良された診断法として、淋菌にMEPMの治療薬可能性が期待。
公開日 2018年06月05日
研究報告書

ファイルリスト


表紙
その他

班員名簿  [0.159MB]

目次

目次  [0.111MB]

総合研究報告書
分担研究報告書
研究成果の刊行に関する一覧表
 

公開日・更新日

公開日 2018年06月05日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201718001C

成果

専門的・学術的観点からの成果 性感染症の実態が全国的レベルで引き続き明らかとなった。センチネルサーベイランスの結果が、感染症法の動向調査と矛盾せず、互いに補完関係にあることが示された。教育啓発、自治体の役割、HPV感染、Mycoplasma genitalium感染、口腔感染、そして梅毒の急増への対策を提示した。
臨床的観点からの成果 研究成果報告をWeb掲載により、一般医家が幅広くアクセスし、日常臨床に応用することができる。
ガイドライン等の開発 日本性感染症学会 性感染症診断・治療ガイドライン改訂への貢献、梅毒診療ガイド(含:患者への説明文)・同ダイジェスト版の開発。
その他行政的観点からの成果 研究成果が、性感染症に関する特定感染症予防指針の改正への提言に結びついた。研究により得られた成果から学会主体の「ストップ!梅毒プロジェクト」を開始し、国民への啓発に繋がっている。
その他のインパクト 日本性感染症学会との共同事業:性感染症予防啓発スライド(中高校生向け)の作成・公開。「啓発「ストップ!梅毒プロジェクト」で紹介している写真等を、全国の自治体感染症担当部署からの依頼により市民啓発のための資料として提供、新聞社からの依頼にも応じ啓発記事用として提供した。同プロジェクトからの緊急企画が東大五月祭で採択された。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 14件  
英文等 16件  
その他の論文 和文 25件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 112件  
国際学会等 8件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 3件  
普及・啓発活動 20件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 荒川創一、白井千香  思春期男子への性教育  小児科  59  (4月臨時増刊)  801-808  2018    
原著論文 2 Osawa K, Shigemura K,Arakawa S,et al  penA, ponA, porB1, and mtrR Mutations and Molecular Epidemiological Typing of Neisseria gonorrhoeae with Decreased Susceptibility to Cephalosporins  Antimicrob Agents Chemother  61  e01174-17  2017  10.1128/AAC.01174-17 
原著論文 3 荒川創一  我が国における性感染症の実態  臨床と微生物  43  99-104  2016    
原著論文 4 Shigemura K, Osawa K,Arakawa S,et al  Azithromycin resistance and its mechanism in Neisseria gonorrhoeae strains in Hyogo, Japan  Antimicrob Agents Chemother  59  2695-2699  2015    
原著論文 5 Hamasuna R, Yasuda M, Arakawa S,et al  The second nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorroeae from male urethritis in Japan, 2012-2013  J Infect Chemother  21     340-345  2015    
原著論文 6 谷畑健生、荒川創一、他  平成25年7モデル県の性感染症診療医療機関全数調査推計有病率と国立率感染症研究所の定点報告推計有病率の比較〜7県医療機関全数調査結果と定点調査報告結果の有病率はなぜ乖離したのか?  日本性感染症学会誌  26  109-116  2015    
原著論文 7 中P克己、高野つる代、細井舞子、他  全国自治体における性感染症発生動向調査の運営と活用  日本性感染症学会誌  28  125-130  2017    
原著論文 8 高野つる代、中瀬克己、細井舞子、他  地方感染症情報センターにおける性感染症発生動向調査の現状と課題  日本性感染症学会誌  28  111-117  2017    
原著論文 9 白井千香  性感染症予防啓発の現状と課題  日本医師会雑誌  146  12  2515-2518  2018    
原著論文 10 白井千香、古林敬一、荒川創一、他  性感染クリニック及び産科における口腔内性感染症に関するアンケートと検体検査の試み  日本性感染症学会誌  26  91-96  2015    
原著論文 11 Hagihara M, Yamagishi Y,Mikamo H,et al  Frequency of Treponema pallidum invasion into cerebrospinal fluid in primary or secondary early-stage syphilis. 2017 Dec 8 [Epub ahead of print]  J Infect Chemother  24  404-406  2018  10.1016/j.jiac.2017.11.007  
原著論文 12 Hagihara M, Yamagishi Y,Mikamo H,et al  Comparison of initial stream urine samples and cervical samples for detection of human papillomavirus  J Infect Chemother  22  559-562  2016    
原著論文 13 Iwata S, Okada K, Kawana K  Consensus statement from 17 relevant Japanese academic societies on the promotion of the human papillomavirus vaccine  Vaccine  35  18  2291-2292  2017    
原著論文 14 川名 敬  国内で話題の感染症―診断と治療、ヒトパピローマウイルス  小児内科  49     1671-1676  2017    
原著論文 15 余田敬子  性感染症―今,何が問題か 口腔・咽頭に関連する性感染症の問題点  日本医師会雑誌  146  12  2510-2511  2018    
原著論文 16 余田敬子  特集 抗菌薬を使いこなす 咽喉頭・頭頸部領域 性感染症  耳鼻・頭頸外科  89     437-444  2017    
原著論文 17 M砂良一  性感染症  腎と透析  81  585-590  2016    
原著論文 18 石地尚興  急増する梅毒を見逃さないためのポイント  日本医師会雑誌  146  12  2475-2479  2018    
原著論文 19 Koizumi Y, Watabe T,Mikamo H,et al  Cerebral syphilitic gumma can arise within months of re-infection: A case of histologically proved Treponema pallidum strain type 14b/f infection with HIV positivity  Sex Transm Dis  45  E1-e4  2018    
原著論文 20 Seiki T, Nagasaka K,Kawana K,et al  HPV-16 E6 impairs the subcellular distribution and levels of expression of protein phosphatase 1γ in cervical malignancy  BMC Cancer  15     230-   2015    

公開日・更新日

公開日 2018年06月07日
更新日 -

▲このページのTOPへ