概要版

文献情報

文献番号 201605003A
報告書区分 総括
研究課題 適切な緩和ケア提供のための緩和ケアガイドブックの改訂に関する研究
課題番号 H28-特別-指定-003
研究年度 平成28(2016)年度
研究代表者(所属機関) 小川 朝生(国立研究開発法人国立がん研究センター 先端医療開発センター精神腫瘍学開発分野) 
研究分担者(所属機関) 木澤 義之(神戸大学大学院医学研究科内科系講座 先端緩和医療学分野)、浜野 淳(筑波大学医学医療系)、山本 亮(長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院佐久医療センター)、飯島 勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構)、平井 啓(大阪大学経営企画オフィス) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 行政政策研究分野 厚生労働科学特別研究
開始年度 平成28(2016)年度
終了予定年度 平成28(2016)年度
研究費 6,584,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
がん対策加速化プランに掲げられた「入院、 外来、在宅等の診療の場を問わず、適切な緩和ケアを提供できるよう、緩和ケアに関するガイドブックの改訂を進める」等の施策を具体化するために、臨床現場で必要とされている緩和ケアの技能について調査等を通じて検証し、地域における緩和ケアの技術の向上に資するガイドブックを作成することである。
研究方法:
がん診療連携拠点病院以外の一般病院において、緩和ケアに携わる医療従事者に対してインタビュー調査をおこない、がん診療連携拠点病院外でのがん診療や緩和ケアの提供状況について、質的検討をおこなった。その後、地域緩和ケアの質の向上を図るために解決すべき課題をエキスパートにより検討し、教育的介入のコンセプトを固めた。
結果と考察:
がん診療連携拠点病院以外の一般病院において緩和ケアに携わる医療従事者に対してインタビュー調査をおこない、がん診療連携拠点病院外でのがん診療や緩和ケアの提供状況について、質的検討をおこなった。がん対策加速化プランで緩和ケア領域の実施すべき具体策として挙げられた「入院、外来、在宅等の診療の場を問わず、適切な緩和ケアを提供できるよう」、緩和ケアに関するガイドブックの改訂を行った。原案作成後、レビューを通して改訂を固めた。
結論:
入院、外来、在宅等の診療の場を問わず、がん患者に対して適切な緩和ケアを提供できる体制を整備することが可能となった。本研究を踏まえて、作成された緩和ケア実践マニュアルを、関係団体と連携して病院・診療所等の医師に周知することを通して、地域緩和ケアの質の向上を図る必要がある。
公開日 2017年05月24日
研究報告書

ファイルリスト


表紙
目次

目次  [0.000MB]

その他

中表紙 T  [0.000MB]

総括研究報告書
その他

中表紙 U  [0.000MB]

分担研究報告書
表紙

中表紙 V   [0.000MB]

研究成果の刊行に関する一覧表
表紙

中表紙 W  [0.000MB]

その他
 

公開日・更新日

公開日 2017年05月24日
更新日 2017年08月17日
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201605003C

成果

専門的・学術的観点からの成果 わが国の基本的緩和ケアの普及を図る上で必要な課題が明確となり、その問題解決のための教育的な基盤を整備することができた。とくに、従来わが国の緩和ケアはがん領域に留まり、がん以外の疾患に対する緩和ケアは検討されてこなかった。今回、初めてがん以外の緩和ケアについてもその課題を示すことができた。
臨床的観点からの成果 がん診療連携拠点病院以外の一般病院において、必要な緩和ケアのスキルが明らかになった。今後、地域の緩和ケアの認識の向上と技術の向上を目指すうえで、まず解決すべき課題が明確になり、また問題解決に資する教育資材が作成され、教育の基盤が整備された。
ガイドライン等の開発 地域に対する緩和ケアの教育を行う際のコンセプトが確立した。今後、緩和ケア研修会等地域に向けた教育を実施する際の、必要な教育内容を用意する指針となった。
その他行政的観点からの成果 がん対策加速化プランの課題である、がん緩和ケアガイドブックの改訂作業が達成された。緩和ケアの普及を通して、がん患者・家族の療養生活の質の向上というがん対策推進基本計画の重要課題の進捗に貢献した。
その他のインパクト 本改訂版は、日本医師会のホームページにて公開された。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 2件  
英文等 10件  
その他の論文 和文 31件  
英文等 9件  
学会発表 国内学会 24件  
国際学会等 5件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 0件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
                 

公開日・更新日

公開日 2017年05月24日
更新日 -

▲このページのTOPへ