概要版

文献情報

文献番号 201508018A
報告書区分 総括
研究課題 脱たばこ社会の実現過程における社会経済影響に関する研究:たばこ対策の加速化に向けてのエビデンス
課題番号 H27-循環器等-一般-006
研究年度 平成27(2015)年度
研究代表者(所属機関) 矢野 栄二(帝京大学 大学院公衆衛生学研究科) 
研究分担者(所属機関) 望月 友美子(国立がん研究センター がん対策情報センター たばこ政策研究部)、田中 謙(関西大学 法学部)、欅田 尚樹(国立保健医療科学院 生活環境研究部)、福田 吉治(帝京大学 大学院公衆衛生学研究科)、高橋 謙造(帝京大学 大学院公衆衛生学研究科) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究
開始年度 平成27(2015)年度
終了予定年度 平成27(2015)年度
研究費 4,600,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
たばこの健康影響は明確であるにも関わらず、たばこ対策を実施するに当たりさまざまな障壁がある。一方、さまざまな対策により喫煙率は低下し、“脱たばこ社会”の実現は着実に近づいているとも言える。たばこ対策が健康面のみならず社会経済面に与える影響についての知見は蓄積されているが、エビデンスのアップデートや新たな知見の集約、対策により起こりうる社会経済変化の予測の再検討が必要となっている。本研究は、たばこ対策の推進による“脱たばこ社会”の実現過程で生じる社会経済影響を明らかにし、脱たばこ社会に向けたたばこ対策のあり方を提言することを目的とする。
研究方法:
まず、たばこ対策の社会経済影響について、再検証やアップデート、新たにレビューが必要なテーマを、たばこ対策の個別施策と影響を受ける分野から設定した。各テーマについて、先行研究、資料等から、社会経済面での影響をレビューし、脱たばこ社会の実現に向けて必要な、社会経済的面を考慮した効果的なたばこ対策のあり方を検討した。
結果と考察:
「研究者とたばこ資金」、「法規制等に関する問題」、「新規たばこおよびたばこ関連商品の問題」、「タバコの社会的負担の推計に関する考察」「受動喫煙防止条例の制定に向けて」、「たばこ対策の喫煙の社会格差への影響」、「大学におけるたばこ対策」のテーマ別に、背景、現状、科学的エビデンス、問題解決のための政策提言等を検討し提示した。
結論:
脱たばこ社会の実現に向けて検討すべき複数の領域ごとにサマリーシートを作成した。サマリーシートは、主に、それぞれの課題に対する対策、関連する背景や科学的根拠、具体的な政策の提言、および参考文献より構成した。これらのサマリーシートは、行政等においてたばこ対策に従事する者、政策的意思決定を行う者等の参考資料として有効であると思われた。
公開日 2016年06月20日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2016年11月22日
更新日 -

ファイルリスト


表紙

表紙  [0.003MB]

目次

目次  [0.020MB]

総括研究報告書

報告書  [0.053MB]

研究成果の刊行に関する一覧表

研究成果  [0.010MB]

 

公開日・更新日

公開日 2016年09月14日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201508018C

成果

専門的・学術的観点からの成果 「研究者とたばこ資金」、「法規制等に関する問題」、「新規たばこおよびたばこ関連商品の問題」、「タバコの社会的負担の推計に関する考察」「受動喫煙防止条例の制定に向けて」、「たばこ対策の喫煙の社会格差への影響」、「大学におけるたばこ対策」のテーマ別に、背景、現状、科学的エビデンス、問題解決のための政策提言等を検討した。3篇の原著論文、4篇の総説論文および書籍の1章の計8篇の論文発表を行うとともにシンポジウム発表3件を含む7件の学会発表を行った。
臨床的観点からの成果 脱たばこ社会の実現に向けて検討すべき複数の領域ごとにサマリーシートを作成した。サマリーシートは、主に、それぞれの課題に対する対策、関連する背景や科学的根拠、具体的な政策の提言、および参考文献より構成した。これらのサマリーシートは、行政等においてたばこ対策に従事する者、政策的意思決定を行う者等の参考資料として有効であると思われた。
ガイドライン等の開発 行政的意思決定や論点整理に即利用できるサマリーシート5点を作成
その他行政的観点からの成果 北区総務部職員課主催講演会 (2016. 2.5)で職員に対して行政上必要な施策を講演。具体的な北区における対策を助言した。
その他のインパクト 2016年2月27日  東京都港区で開かれた 第24回呼吸器疾患フォーラムで日本のタバコ対策の課題と題して、産牛保険従事者に啓発を行った。2016年5月13日旭川市民文化会館において第86回日本衛生学会学術総会 シンポジウム12「日本衛生学会としての禁煙活動:社会的責任と学術活動」を開催した。 2016年9月19日、東京帝京大学において日本学術会議の主催で市民公開シンポジウム 「脱タバコ社会実現をめざしタバコ対策の再構築を」を開催予定。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 1件  
英文等 2件  
その他の論文 和文 5件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 9件 公衆衛生学会(長崎)1、衛生学会(旭川)3、同シンポジウム3、(東京)1、小児禁煙研究会1
国際学会等 0件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 3件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 田中謙  電子タバコ規制・無煙タバコ規制をめぐる今後の法制的課題  関西大学法学論集  66  1  in press-   2016    
原著論文 2 Tanaka K  The Limitations of the Freedom to Smoke and the Rights of Non-Smokers  Kansai University Review of Law and Politics  37     49-67  2016    
原著論文 3 Tanaka K  The Necessity of Tobacco Regulation  Kansai University Review of Law and Politics  37     69-80  2016    
原著論文 4 田中謙  タバコ規制と法制度  公衆衛生  79  10  670-674  2015    
原著論文 5 望月友美子  たばこ増税と期待される効果  公衆衛生  79  10  665-669  2015    
原著論文 6 矢野栄二  たばこ対策の歴史と最近の動向  公衆衛生  79  10  654-658  2015    
原著論文 7 矢野栄二  日本のたばこ対策の課題  健康管理  2016  10-20  2016    
原著論文 8 矢野栄二  新しいタバコ対策  成人病と生活習慣病  47  565-570  2017    
原著論文 9 矢野栄二  特集:脱タバコ社会実現をめざしタバコ対策の再構築を. 特集の趣旨  学術の動向  22  53-53  2017    

公開日・更新日

公開日 2016年06月20日
更新日 2018年06月15日

▲このページのTOPへ