概要版

文献情報

文献番号 201443002A
報告書区分 総括
研究課題 診断・治療法の開発を目指した痛みの慢性化脳機構に関するトランスレーショナル研究
課題番号  
研究年度 平成26(2014)年度
研究代表者(所属機関) 加藤 総夫(東京慈恵会医科大学・医学部) 
研究分担者(所属機関)   
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 【委託費】 慢性の痛み解明研究
開始年度 平成26(2014)年度
終了予定年度 平成26(2014)年度
研究費 9,000,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
 
研究方法:
 
結果と考察:
 
結論:
 
公開日 -
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2016年01月22日
更新日 -

行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201443002C

成果

専門的・学術的観点からの成果 小動物疼痛モデルにおけるマンガン造影MRI画像化法、および、特定脳領域間のシナプス結合を光遺伝学的手法によって評価する手法を開発し、左右両側の扁桃体中心核が持続的侵害受容入力を受けた時に最も早い段階で活動亢進を示す事実、および、炎症性慢性痛モデル扁桃体中心核ニューロンが有意なシナプス伝達増大を示す事実を示した。これらの新知見は、脳内の痛み情報処理回路群における可塑的変化が慢性痛の成立の背景にあることを意味し、慢性痛を「神経可塑性病」ととらえた新たな治療戦略の開発の必要性を示すものである。
臨床的観点からの成果 痛みの認知に関わる前帯状回/内側前頭前野や扁桃体と中脳水道周囲灰白質との機能的結合の変化が、慢性痛患者に共通の下行性疼痛抑制系の状態変化を反映したものである可能性があり、慢性痛の客観的バイオメーカーとなりうる可能性がある。
ガイドライン等の開発 なし
その他行政的観点からの成果 なし
その他のインパクト 日経メディカル2015年2月号「Key Person Interview」慢性痛は脳が作り出す防御機構−気にならなくすることが治療のゴール(加藤総夫)で採りあげられた。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 0件  
英文等 4件  
その他の論文 和文 0件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 11件  
国際学会等 5件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 1件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
                 

公開日・更新日

公開日 2015年06月25日
更新日 2016年06月10日

▲このページのTOPへ