概要版

文献情報

文献番号 201328005B
報告書区分 総合
研究課題 妊婦における医療用医薬品の安全性に関するエビデンスの構築のための薬剤疫学研究の基盤整備および実践
課題番号 H23-医薬-一般-006
研究年度 平成25(2013)年度
研究代表者(所属機関) 栗山 進一(東北大学 災害科学国際研究所) 
研究分担者(所属機関) 八重樫 伸生(東北大学大学院医学系研究科)、眞野 成康(東北大学病院薬剤部)、赤沢 学(明治薬科大学 公衆衛生疫学)、大久保 孝義(帝京大学 医学部)、目時 弘仁(東北大学 東北メディカル・メガバンク機構)、小原 拓(東北大学 東北メディカル・メガバンク機構) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究
開始年度 平成23(2011)年度
終了予定年度 平成25(2013)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
本邦の医薬品の安全対策としては、医療機関からの自発報告に基づく副作用報告制度があるが、安全対策としては不十分である。特に、妊婦においては、介入試験が困難であり、妊娠期間中の医薬品服用の安全性の評価方法の構築は急務である。本研究班の目的は、既存の研究基盤である『1.ポピュレーションベースの新規妊婦コホート研究(エコチル調査)』と『2.保険組合のレセプトを用いたデータベース研究(レセプト研究)』に基づいて、妊婦における医療用医薬品使用の安全性に関して、レセプト情報を用いた薬剤疫学研究の実施可能性について検討することである。
研究方法:
『1.ポピュレーションベースの新規妊婦コホート研究(エコチル調査)』においては、東北大学が宮城ユニットセンターとしてエコチル全体調査に追加して実施する薬剤詳細調査の推進し、「1-A. 収集されている妊娠中の医薬品使用状況(暴露)の評価」(平成23-25年度)、および「1-B.児の身体異常(アウトカム)の評価」(平成25年度)を行った。 『2.保険組合のレセプトを用いたデータベース研究(レセプト研究)』においては、株式会社日本医療データセンターより提供されたレセプトデータ等に基づいて、「2-A.妊娠中の医薬品使用状況(暴露)の評価」(平成23-25年度)、「2-B.児の先天奇形および変形(アウトカム)情報の評価」(平成24・25年度)、および「2-C.妊娠中の医薬品使用と児の奇形との関連に関する薬剤疫学研究の実践の試行」(平成24・25年度)等を行った。
結果と考察:
『1.ポピュレーションベースの新規妊婦コホート研究(エコチル調査)』においては、まず、平成23年5月から9月の間に、妊婦における薬剤調査方法について検証し、その後本格的に薬剤調査を開始し、平成26年2月12日現在で、3,657名が同意に至っており、データ入力を終えている対象者において、妊娠初期および妊娠中期から後期における医療用医薬品の使用状況の評価、および分娩・産後1ヶ月時の児の身体異常の評価が可能であることを確認した。 『2.保険組合のレセプトを用いたデータベース研究(レセプト研究)』においては、最終的に、レセプトデータ等に基づいて、妊娠中の妊娠中の医薬品使用状況に関する情報(曝露)と児の先天奇形に関する情報(アウトカム)の把握が可能となった。その上で、妊娠36週までの医薬品処方状況の評価が可能であった正期産妊婦15,115名の出生児における奇形は1,425名に認められ、妊娠初期に抗てんかん薬のカルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウム、フェニトイン、フェノバルビタールを処方されていた妊婦35名の出生児における奇形は4名に認められ、妊娠初期に抗てんかん薬を処方されていた妊婦の出生児における奇形の有病オッズ比は1.21であった。また、妊娠期間全体が保険加入期間に含まれる妊娠8,109件(妊婦7.673名)およびその妊婦の出産年と同年の出生年の情報を有する生産児8,020名(妊娠7,832件)を対象に、妊娠中の抗インフルエンザウイルス薬と出生児の先天奇形および変形との関連を検討した結果、妊娠初期に一度でも抗インフルエンザウイルス薬を処方されたことのある妊婦の出生児は44名であり、そのうち、先天奇形および変形の傷病名が付与された出生児は4名(9.1%)、妊娠初期の抗インフルエンザウイルス薬処方ありの先天奇形および変形に関する傷病名が付与されるオッズ比(95%信頼区間)は0.98(0.46-1.59)であり、妊娠時の母親の年齢調整後のオッズ比も同程度であった。本解析は、暫定的な解析であるものの、妊娠中の医療用医薬品使用と児の奇形との関連に関する薬剤疫学研究の実践を試みることが可能である可能性を明らかにした。
結論:
本研究の結果、妊婦における医療用医薬品の安全性に関するエビデンス構築のための薬剤疫学研究の基盤が整備されると同時にその実践の可能性を明らかにすることができた。今後、アウトカムとしての児の奇形に関する情報の精査、および解析手法に関する更なる検討によって、レセプトデータ等を用いた薬剤疫学研究の意義を向上させられると考えられる。
公開日 2015年04月28日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2015年03月02日
更新日 -

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2015年04月28日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201328005C

成果

専門的・学術的観点からの成果 現在、本邦でもその利用可能性が検討され始めているレセプトデータ等に関して、妊娠中の医薬品使用の安全性評価のみならず、医薬品全体の安全性評価への利用可能性をも示唆する結果が得られ、今後のレセプトデータ等の有効活用において大きく貢献することができたと考えられる。学術的には、レセプト傷病名の精度を評価していないという課題が残っている。
臨床的観点からの成果 圧倒的に情報が限られている本邦における妊婦の医薬品使用状況およびその安全性評価の可能性を明らかにしたという点で、産科領域の臨床現場へ大きく貢献することができたと考えられる。
ガイドライン等の開発 本邦のみならず、世界的にも妊娠中の医薬品使用状況およびその安全性に関する情報は圧倒的に不足しており、本研究結果を通して、本邦のみならず、世界的にもこの領域のガイドライン作成に大きく貢献することが期待される。また、レセプトデータの利用に関するガイドライン等の作成においても、本研究のような実践経験の積み重ねは有用な情報であると考えられる。
その他行政的観点からの成果 自発報告に基づかざるを得ない本邦の医薬品の安全性評価体制に対して、レセプトデータを用いた医薬品の安全性評価体制の構築の可能性を明らかにした点で、本邦の医薬品の適正使用を推進する上で有用な情報を提供することが可能となることが期待される。
その他のインパクト 妊娠中の医薬品使用の安全性を評価することは、妊婦自身だけでなく胎児に対する影響が懸念されるため、臨床研究等を行い難い状況にある。その中で、大規模妊婦集団における医薬品使用状況及びその安全性の把握の可能性を明らかにした本研究結果は、国内外に対して大きなインパクトを持つことは明らかである。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 1件  
英文等 1件  
その他の論文 和文 1件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 9件  
国際学会等 2件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 0件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 小原拓、尾崎芙美、吉中千佳、他  妊娠と医薬品使用に関する問い合わせ内容の調査  医薬品相互作用研究  35  129-133  2012    
原著論文 2 小原拓  本邦の妊婦における医薬品使用の安全性評価  医薬品相互作用研究  39  1-8  2015    
原著論文 3 Ishikawa T, et.al.  Development of algorithms to determine the onset of pregnancy and delivery date using health care administrative data in a university hospital in Japan  ORIGINAL REPORT  27   -   2018  10.1002/pds.4444 

公開日・更新日

公開日 2015年04月28日
更新日 2018年06月11日

▲このページのTOPへ