概要版

文献情報

文献番号 201325024B
報告書区分 総合
研究課題 ストレス関連疾患に対する統合医療の有用性と科学的根拠の確立に関する研究
課題番号 H24-医療-一般-025
研究年度 平成25(2013)年度
研究代表者(所属機関) 岡 孝和(九州大学大学院 医学研究院心身医学) 
研究分担者(所属機関) 金光 芳郎(福岡歯科大学 総合医学講座 心療内科学分野)、守口 善也(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理研究部 心身医学・脳機能画像学)、松下 智子(九州大学健康科学センター臨床心理学・学生相談・心理健康学(九州大学基幹教育院))、有村 達之(九州ルーテル学院大学・人文学部・心理臨床学科) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究
開始年度 平成24(2012)年度
終了予定年度 平成25(2013)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
ストレス関連疾患に対する統合医療(現代医学的治療とヨーガ療法、自律訓練法(AT)といったCAM心身相関療法を統合した治療)の有用性、安全性、経済性、およびその奏効機序について検討すること。
研究方法:
【研究1】@通常の治療を6ヶ月以上行なっても十分な改善の得られない慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome, CFS)30名に対する8週間の現代医学療法とヨーガ療法併用療法の安全性、有用性、医療経済的効果をランダム化比較試験(RCT)によって検討した。Aストレス関連疾患に対する現代医学療法とATの併用療法の安全性、有用性を検討した。【研究2】@AT、ヨーガなどの心身相関療法で重視される身体感覚を意識する意義について磁気共鳴機能画像法を用いて検討し、また意識の変化が自律神経系の変化とどう結びついているかを検討した。A禅、東洋の瞑想、マインドフルネスで強調される、不快情動刺激に対するメタ認知的対処の特徴について検討した。つまり不快情動刺激を加えたときの対処法として、不快な感情を抑制するという方法と、メタ認知、つまり自分の感情や考えていることを意識しながらも、客観的に観察するという対処を行なう時の脳活動の違いについて検討した。【研究3】ヨーガ教室受講者2508名を対象として、ヨーガによって生じる有害事象の内容、重症度、頻度について調べた。【研究4:文献研究】ヨーガの安全性、有用性、経済性に関して、国内外の文献を調べてまとめた。
結果と考察:
【研究1】@現代医学療法とアイソメトリックヨーガの併用療法を行なった群(ヨーガ群)と現代医学療法のみ行なった群(コントロール群)との間で疲労の程度を比較したところ、ヨーガ群でのみチャルダー疲労スケール得点が低下した。ヨーガ併用は疲労を改善するだけでなく、疼痛の訴えや日常生活機能を改善した。15名中1名で、初回の練習後、一過性の気分不良を訴えたが、2回目以降の練習では有害事象は生じなかった。他の14名では有害事象なく実施できた。20分のヨーガ練習によりヨーガによって副交感神経機能が亢進した。またドーパミン神経系の機能が亢進する可能性も示唆された。アイソメトリックヨーガの併用療法は、治療抵抗性のCFSに対して、安全で有用な新たな治療法になりうる。A 治療開始4週以上経過したストレス関連疾患患者10名に対して、ATと現代医学的治療の併用を4−8週行なったところ、自覚症状の強さ、SDS(抑うつ)得点、自律神経機能検査でのLF/HF(交感神経機能)が低下した。ATにより約半数の患者は、ふらつきや、ほてり感などの症状を訴えたが、練習を中断するほどではなかった。【研究2】@健康な被験者が両手に注意を向けると体性感覚野と前部島皮質の優位な活動がみられた。また、心拍変動のうち、副交感神経に関わる成分と腹内側前頭皮質の活動とが相関していた。腹内側前頭皮質の活動と、前部島皮質の活動の被験者ごとの関連性を検討したところ、正の相関関係がみられた。つまり自分自身の身体に注意を向けると、内受容感覚の処理の中心である前部島皮質が活動するが、そうした内受容感覚に注意を向けやすい個人は、自律神経系(副交感神経機能)の脳内でのコントロールもうまく機能している可能性が示唆された。A不快情動に対するメタ認知的対処を行うと前部島皮質が活動し、それに伴い扁桃体の活動を制御することが確認された。東洋で強調される、身体に意識を向けること、さらに情動刺激に対して客観的に観察するということの両面において、前部島皮質が関与していることを明らかにした。【研究3】何らかの有害事象を報告した者は28%であった。筋肉痛などの筋骨格系の症状が最も多かったが、ほとんどは軽微なものであり、実習に支障をきたすものではなかった。持病があること、その日の体調が悪いこと、実習を精神的にきついと感じた者で有害事象発生のオッズ比が高かった。【研究4】インターネット上で結果の概略を公開した。
結論:
今回の研究で、我々はストレス関連疾患に対しする現代医学にヨーガ、ATを併用する統合医療が、おおむね安全であり、有用性が認められることを報告した。また脳内機序の一端についても明らかにした。さらに今回の研究をもとに、「ストレス関連疾患患者に対するヨーガ利用ガイド」(医療従事者用)(患者用)を作成し、インターネット上で公開した(http://okat.web.fc2.com/)。統合医療の有用性、安全性、経済性に関しては今後さらなる検討が必要である。
公開日 2015年06月09日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2015年03月02日
更新日 -

ファイルリスト


表紙

表紙  [0.007MB]

目次

目次  [0.010MB]

総合研究報告書

総合研究報告書  [0.121MB]

分担研究報告書

分担研究報告書  [5.099MB]

その他
研究成果の刊行に関する一覧表
 

公開日・更新日

公開日 2015年06月09日
更新日 -
行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201325024C

成果

専門的・学術的観点からの成果 これまで、ストレス性疾患に対するヨーガや自律訓練法の有用性や奏効機序に関する臨床、基礎両面からの研究、特に我が国ではヨーガの研究は限られていた。今回の臨床、基礎、文献的研究により、ストレス性疾患に対するヨーガの有用性に関する理解が進むと考えられる。特に、ヨーガや自律訓練法で重視する、「自分の身体を意識すること」の医学的意義が、脳機能画像研究によって明らかにされた(身体を意識すると、内受容に重要な脳の部位である前部島皮質が活性化することを見いだした)点は特筆に値する。
臨床的観点からの成果  臨床研究では、従来の治療を行なっても十分な改善の得られない慢性疲労症候群患者に対してアイソメトリックヨーガにより疲労および疼痛が改善することをランダム化比較試験で明らかにした。現在、慢性疲労症候群の治療法は限られている。ヨーガ併用療法は治療抵抗性の慢性疲労症候群に対する新たな治療法となりうる可能性を示した。さらにストレス性疾患に対するランダム化比較試験の構造化抄録を作成し公開した。医師だけでなく、ヨーガ指導者、患者にも役立つと考えられる。
ガイドライン等の開発  本研究で、ストレス関連疾患に対するヨーガ利用ガイド、医療従事者用と患者用を作成した。本ガイドは、何らかのストレスを感じていて、その対処法としてヨーガを始めたい人や、ストレス関連疾患のために病院で治療を受けながらもヨーガを習いたいと考えている人が、安全で有意義にヨーガを学べるための注意点(患者用)と、医師とヨーガ指導者の連携が上手くゆくための注意点(医療従事者用)を説明したものである。このようなガイドは、我が国でははじめてのものであり、患者が安全に有意義にヨーガを学べるよう役立てていただきたい。
その他行政的観点からの成果  本研究では、ヨーガ教室で生じうる有害事象について、我が国ではじめての全国規模の調査を行なった。その結果、ヨーガ教室参加者の平均年齢は59歳であり、持病がある者が約50%いることがわかった。今回の調査では、有害事象は軽微なものが多く、重篤なものはほとんどみられなかったが、今後、参加者の高齢化が進むと、重篤な有害事象が起きる可能性が大きくなる。今回の我々の結果を受けて、あるヨーガ団体では、有害事象を報告するシステムを作った。ヨーガの団体、全体でこのような動きが広がることが望まれる。
その他のインパクト  本年2月、市民公開講座でストレスマネージメントとしてのヨーガの有用性について解説した。また今回、ヨーガ教室の実態調査を行っていただいたヨーガ団体では、すでに我々が作成したヨーガガイドを活用している。今後、多くのヨーガ団体に、本ガイドを活用してもらえる様、活動してゆく予定である。なお今回の研究期間は2年間と短かったため、研究成果はまだオリジナル論文として出版されたものは少ない。しかしながら、いずれの分担研究者もすぐれた成果をあげており、今後、英文のオリジナル論文として出版されてゆくと思われる。

発表状況

分類 種類 件数
原著論文 和文 0件
英文等 2件
その他の論文 和文 11件
英文等 2件
学会発表 国内学会 7件
国際学会等 3件
その他の成果 特許 出願 0件
特許 取得 0件
施策への反映 0件
普及・啓発活動 2件

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
                 

公開日・更新日

公開日 2015年06月09日
更新日 -

▲このページのTOPへ