概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 201325020A
報告書区分 総括
研究課題 「統合医療」エビデンス評価の2段階多次元スケールの開発と分類及び健康被害状況の把握に関する研究
課題番号 H24-医療-一般-021
研究年度 平成25(2013)年度
研究代表者(所属機関) 津谷 喜一郎(東京大学 大学院薬学系研究科・医薬政策学) 
研究分担者(所属機関)   
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究
開始年度 平成24(2012)年度
終了予定年度 平成25(2013)年度
研究費 9,693,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
統合医療(integrative medicine: IM)や相補代替医療(complementary and alternative medicine: CAM)には、東アジア伝統医学の一つとしての漢方医学から、近代に海外から流入した療法まで、約20-50種類の大カテゴリーがあるとされる。各カテゴリーに妥当な評価法がなんであるか、またランダム化比較試験(RCT)の必要性を明らかにする。直接的・間接的健康被害の現状を分析する。
研究方法:
2年計画の2年目の主たる研究方法として、第1に統合医療全体として、1) 統合医療の定義を日本の厚生労働省のものを含めて分析、2) CAMに関心をもち EBMに一定の理解をもつ医師を対象としたアンケートで、日本で初の統合医療の公的な情報発信サイトであるeJIMに対して期待することを調査した。第2に「効き目」の研究として、1) 園芸療法のランダム化比較試験(RCT)のシステマティック・レビュー(SR)、 2) CAMのRCTの必要性を、CAMの種々の属性と水準の組み合わせからなる設問を用いて、上記の医師に対するアンケート調査に組み入れコンジョイント分析を行った。第3にリスクの研究として、1) 初年度に行った患者を対象とした「もっと早く病医院へ行けばよかった」アンケート調査のデータ分析、2) 直接的健康被害と間接的健康被害の関係を法律学的に分析した。
結果と考察:
第1に統合医療全体として、1) 日本の厚生労働省による統合医療の定義(位置づけ)は理念的で分かりにくく、実践的意味合いに欠けるところがある。海外のものの研究を含めて再度議論されるべき。2) 医師がeJIMに対して期待することは、リスクのエビデンスと有効性のエビデンスが多い。第2に「効き目」の研究として1) 園芸療法は 4件のRCTが存在しそのSRでは介入方法の異質性から明確な結論は得られない。2) 医師に対するRCTの必要度のコンジョイント分析により、寄与率としては「有害性」、「効果」、特性値では「人体に有害作用がある(0.5%以上)」や「ランダム化していない比較試験」が高位を示した。RCT実施に対する医療資源の配分においての指針の一つとなろう。第3にリスクの研究として、1)「もっと早く病医院へ行けばよかった」アンケート調査では、疾患を持つ患者の9.6%に、病医院以外で受ける療法や商品の使用を続けていたため医療機関を受診するタイミングが遅れ、受診が遅れた経験があった。2) 直接的健康被害と間接的健康被害の定義を法律学的に明確にした。
結論:
2年計画の2年目として、1年目を引き継ぎ、統合医療全体、「効き目」、リスク、それぞれについて研究を遂行した。
公開日 2015年06月09日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2015年03月02日
更新日 -

▲このページのTOPへ