概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 201323003A
報告書区分 総括
研究課題 「痛み」に関する教育と情報提供システムの構築に関する研究
課題番号 H23-痛み-一般-004
研究年度 平成25(2013)年度
研究代表者(所属機関) 柴田 政彦(国立大学法人大阪大学 医学系研究科疼痛医学寄附講座) 
研究分担者(所属機関) 井関 雅子(順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座)、横山 正尚(高知大学教育研究部医療学系医学部門麻酔科学・集中治療医学講座)、山下 敏彦(札幌医科大学医学部整形外科学教室)、小山 なつ(滋賀医科大学医学部生理学講座)、池本 竜則(愛知医科大学運動療育センター)、中塚 映政(関西医療大学保健医療学分野疼痛医学分野)、細井 昌子(九州大学大学院医学研究院心療内科)、宮岡 等(北里大学医学部精神科学講座)、亀田 秀人(慶應義塾大学医学部リウマチ内科)、今村 佳樹(日本大学歯学部口腔診断学)、大島 秀規(日本大学医学部機能形態学系生体構造医学分野)、平田 幸一(獨協医科大学医学部神経内科)、沖田 実(長崎大学大学院医歯薬総合研究科リハビリテーション科)、住谷 昌彦(東京大学医学部附属病院医療機器管理部)、和佐 勝史(大阪大学医学科教育センター)、竹下 克志(東京大学大学院医学系研究科整形外科学)、中村 雅也(慶應義塾大学医学部整形外科学)、牛田 享宏(愛知医科大学学際的痛みセンター)、井上 玄(北里大学医学部整形外科学講座)、矢谷 博文(大阪大学大学院歯学研究科統合機能口腔学)、和嶋 浩一(慶應義塾大学医学部歯科口腔外科学教室)、川真田 樹人(信州大学医学部麻酔科蘇生学講座)、鈴木 勉(星薬科大学薬品毒性学教室)、三木 健司(尼崎中央病院整形外科)、北原 雅樹(東京慈恵医科大学麻酔科学講座)、堀越 勝(精神・神経医療研究センター認知行動療法センター)、史 賢林(大阪大学大学院医学系研究科器官制御学講座)、長櫓 巧(愛媛大学大学院医学系研究科生体機能管理学分野麻酔学) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 慢性の痛み対策研究
開始年度 平成23(2011)年度
終了予定年度 平成25(2013)年度
研究費 4,000,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
慢性の痛みを診療する医療システムの構築」は重要であるが、そのシステム構築の前提として「医療者への教育」と「一般市民への教育」とが不可欠である。「痛みの教育」への取り組みは、近年、欧米先進国においても様々な形で実施されてきたが、本邦においては疾患別の限定的な取り組みにとどまっており、今後は計画的な長期的取り組みが必要となる。痛みは医療の原点であり、その教育の充実は医療の質の改善に大きく寄与する。患者の立場に立った医療の実現には痛みに対する取り組みは不可欠であり、正しい知識や適切な考え方を共有することはその基盤となる。 一般国民が痛みに関する正しい知識を容易に入手できる情報機関の設立を目標とした。
研究方法:
H25年度は、リハビリテーション医学用、歯学教育用及び薬学教育用コンテンツの新規作成及び医学教育用コンテンツの修正、理解度確認問題を作成した。他、日本疼痛学会、日本ペインクリニック学会、日本緩和医療学会、日本慢性疼痛学会、日本運動器疼痛学会、日本口腔顔面痛学会、NPO法人いたみ医学研究情報センターのホームページにリンクし、普及に努めた。 H25年度に2回の班会議、3回の市民公開講座を開催した。2回の医療者向け研修会を実施した。 国際疼痛学会次期会長Prof. Rolf-Detlef Treedeに連絡し、ドイツにおける痛み教育の現状についての情報を取得した。
結果と考察:
H26年2月13日現在、総ダウンロード数4400件(医学教育用初版2736件、リハビリテーション医学用778件、医学教育用改訂版664件、歯学教育用200件、理解度確認問題359件)であり、現在なお順調にダウンロード数が増えている。NPO痛み医学研究情報センターが主催し当研究班が共催した医療者向け研修会「慢性の痛みワークショップ」は、慢性の痛み患者の診療法を本コンテンツの内容をもとに解説するもので、参加者は、医師、リハビリ療法士、その他の医療系職業につくものであった。また、医療者研修会参加者の講評は極めて良好で、日本全国で行われることを希望する意見が多かった。 ドイツにおける痛み教育の現状についての情報を取得した。ドイツにおいては痛みの教育の普及は、ドイツ疼痛学会(国際疼痛学会のドイツ支部)が主導し2008年にCore Curriculumが作成された。痛みの基礎医学、痛みと心理、痛みと社会との関係、プラセボ、条件付け、慢性痛と急性痛、各種治療など教育の内容は我々のコンテンツと極めて近いものであった 教育資材は、質の高い痛みの診療を根付かせるために必要な基本的知識を正確にかつわかりやすく伝えることを目的としたため、既存の資料を単に整理するのではなく、根拠に基づいた情報を取り上げ、統一した理念に基づいて幅広い内容を網羅した。特徴的なものとしては、痛みと精神心理的側面、痛みとリハビリテーション、痛みの疫学と社会への影響、手術療法の位置づけなどを取り上げたことである。症例提示を活用し、講義を受けるものの興味を惹き、理解しやすいための工夫を加えた。従来、「生物学モデル(Biological model)」に基づいて実施されてきた医学教育の中に、「生物心理社会モデル(Biopsychosocial model)」を分かりやすく表現することは困難であったが、有能な研究者の協力によって可能となった。スライドのみでは理解の難しい内容に関してはパワーポイントのノート機能を活用して補足した。今後リハビリテーション医学用、歯学教育用、薬学教育用などが利用可能となり、より専門的な領域において充実した内容になることが期待できる。 今回、痛みの教育コンテンツが完成し、痛みに関する正しい知識や適切な考え方の普及のための基盤を構築することができた。今後さらに本コンテンツの内容が、一般の医療者に正しく理解されるまで普及するよう継続的に取り組む必要がある。ドイツにおける痛み教育の実態調査の結果から、痛み教育の内容は徐々に洗練され、国際的に共通のものが確立されつつあることが確認できた。痛みの表出は国民性や文化の影響が少なくないと思われるが、学問体系は共通であるべきものであり、本教育コンテンツがドイツの教育内容と結果的にほぼ同じであったことは、内容が適切なものであることを裏付けた。
結論:
1. 医学、歯学、リハビリ教育用の痛みの教育コンテンツという講義用スライドセットを作成し、自由にダウンロードできるシステムを構築した。 2. 作成した教育用コンテンツを利用して医療者向けセミナーなどを開催し、痛みに関する正しい知識の普及を行った。 3. ドイツにおける痛み教育の実態を調査比較し、国際的評価にも耐えうる内容であることが確認できた。
公開日 2015年06月29日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2015年02月25日
更新日 -

ファイルリスト


表紙
目次

目次  [0.003MB]

総括研究報告書
分担研究報告書

分担研究報告書  [0.203MB]

研究成果の刊行に関する一覧表
 

公開日・更新日

公開日 2015年06月29日
更新日 -

▲このページのTOPへ