概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 201230007A
報告書区分 総括
研究課題 筋骨格系慢性疼痛の疫学および病態に関する包括的研究
課題番号 H23-痛み-指定-006
研究年度 平成24(2012)年度
研究代表者(所属機関) 戸山 芳昭(慶應義塾大学 医学部) 
研究分担者(所属機関) 中村 雅也(慶應義塾大学医学部)、西脇 祐司(東邦大学医学部)、大西 幸(慶應義塾大学医学部)、住谷 昌彦(東京大学医学部)、岡田 泰昌(独立行政法人国立病院機構村山医療センター)、百島 祐貴(慶應義塾大学医学部) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 慢性の痛み対策研究
開始年度 平成23(2011)年度
終了予定年度 平成24(2012)年度
研究費 20,000,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
1)慢性疼痛の疫学調査:全国を代表するサンプルに再度郵送調査を行い、慢性疼痛持続者の治療上の問題点を明らかにする。2)脊髄障害性疼痛の病態解明:難治性慢性疼痛である脊髄障害性疼痛の発症機序を明らかにする。3)慢性疼痛患者の橋渡し研究 @肥満は筋骨格系疼痛疾患のリスク因子であるが、その機序を探索するためにメタボリック症候群に関連するサイトカインの遺伝子多型と疼痛強度について解析した。A慢性疼痛患者の介護者の負担感に寄与する因子を明らかにする。4)脊髄障害性疼痛のneuroimagingによる病態解明:慢性の痛みは刺激により活性化したグリア細胞、特にアストロサイトが持続的な異常興奮を起こし、それが痛覚感受神経系の持続的な異常興奮を起こすことにより発生するとの仮説を検証するため、ニューロンおよびグリア細胞が疼痛に関与する機構を明らかにする。
研究方法:
1)郵送調査パネルを対象に行った疫学調査で、慢性疼痛持続者に再度質問票を郵送し調査した。2)脊髄腫瘍手術症例106例に、神経障害性疼痛重症度スコアによる疼痛評価のアンケート調査を施行した。3)@開腹術後痛57名とがん性疼痛83名の血液からDNAを精製しSNPsを判定し、術後痛重症度とアディポカイン10種25遺伝子の1923SNPsとの関連解析を行った。A慢性疼痛患者と同伴した介護者90名を対象に、Zarit介護負担尺度日本語版を記載させ、患者の生物心理社会的要因が介護者の負担感に与える影響を検討した。4)無麻酔非拘束のin vivoマウスを対象に痛覚はhot plate痛覚試験により、呼吸調節機構はwhole body plethysmographyにより計測し、腹腔内に投与したDMSOの痛覚と呼吸に対する用量反応関係を解析した。
結果と考察:
1)慢性疼痛持続者は62%であった。慢性疼痛持続者のうち35%は現在も治療を受けていたが、53%は治療を中止しており、治療に対する満足度は低く、66%が治療機関を変更していた。慢性疼痛有症者の20%で神経障害性疼痛の関与が示唆され、pain detect scoreが高いほどVASが高く、治療機関の変更回数も多かった。Pain Catastrophizing ScaleとVASには正の相関を認め、HDS-anxietyが高いほどVASが高く、疼痛の持続期間も長かった。2)腫瘍高位、術前から存在する痛み、ステロイドの術後投与、術中血圧低下等が、痛みを増強させる可能性があることが明らかとなった。3)@メタボリック症候群・アディポカイン関連遺伝子のうち術後疼痛重症度に関連する遺伝子としてレジスチン、アディポネクチン受容体1、レプチン受容体が得られた。このうちがん性疼痛とも関連を示した遺伝子はレジスチンのみであったが、開腹術後痛(rs3745367)とがん性疼痛(rs3219175)に関連するRETN上のSNP部位は異なった。AZarit介護者負担尺度の22質問項目のうち4項目で男性患者の介護者の方が女性患者の介護者よりも有意に高かった。患者と介護者の関係、疼痛罹病期間、疼痛の病態(神経障害性疼痛)、介護者の性別、患者の疼痛強度、患者の年齢、患者の性別の7因子から構成されるモデルでは統計学的有意差が得られた。介護者の性別が最も介護負担尺度に対して与える影響が大きく、続いて患者と介護者の関係性、患者の年齢と続いた。4)痛み感覚が慢性的に持続するのは、痛覚感受神経系で、ニューロンのみでなくグリア細胞特にアストロサイトが持続的な異常興奮を起こすためとの仮説を提唱し、ニューロンおよびグリア細胞が疼痛に関与する機構を解析した。
結論:
1)慢性疼痛有症者では神経障害性疼痛と心因性疼痛の関与が示唆された。2)脊髄髄内腫瘍術後の脊髄障害性疼痛では高位頚髄、術前の痛み、術中低血圧、術後24時間以後のステロイド投与が危険因子であった。3)肥満につづくメタボリック症候群関連サイトカイン(アディポカイン)自体が慢性疼痛の危険因子であることを明らかにした。介護者の性別以外に、慢性疼痛患者の介護負担に関連する要因を明らかにした。4)脳脊髄の痛覚感受機構では、ニューロンとアストロサイトとが互いに興奮性に作用することにより慢性疼痛が発現し持続する。アストロサイトの活性化を阻害することは慢性疼痛の治療法に応用しうると考えられた
公開日 2015年06月30日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 -
更新日 2014年03月10日

▲このページのTOPへ