概要版

文献情報

文献番号 201222027B
報告書区分 総合
研究課題 未成年者の喫煙・飲酒状況に関する実態調査研究
課題番号 H22-循環器等(生習)-指定-020
研究年度 平成24(2012)年度
研究代表者(所属機関) 大井田 隆(日本大学医学部 公衆衛生学分野) 
研究分担者(所属機関) 尾崎米厚(鳥取大学医学部)、兼板佳孝(大分大学医学部)、鈴木健二(鈴木メンタルクリニック)、樋口進(久里浜アルコールセンター)、神田秀幸(横浜市立大学医学部)、井谷修(日本大学医学部)、池田真紀(日本大学医学部)、谷畑健生(国立保健医療科学院) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究
開始年度 平成22(2010)年度
終了予定年度 平成24(2012)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
わが国の中高生の喫煙及び飲酒行動の実態と関連要因を明らかにし、対策の評価と推進方策を検討する。健康日本21(第2次)の中間評価の評価指標を提出する。そのために、喫煙及び飲酒行動に関連する環境要因調査、喫煙及び飲酒を取り巻く新たな問題の調査を実施する。
研究方法:
2010年調査は全国学校総覧を用いて全国の中学校より131校、高等学校より113校を無作為抽出し、対象校に調査票を送付した。調査回答校の在校生徒全員を対象とした調査で、学校の在籍人数に比例して抽出確率を決める抽出方法であるため、この抽出方法は、1段クラスター確率比例抽出である。2010年調査は9月に対象校の抽出し、10月初旬、調査の依頼、調査票送付をした。対象中学校の131校、高等学校113校のうち調査に2011年3月末までに回答し、入力した中学校は89校、高等学校は81校であり、計98,867名の回答があった。これらの回答が最終的に集計できたので報告する。 2012年調査2010調査と同様に全国学校総覧を用いて全国の中学校より140校、高等学校より124校を無作為抽出し、対象校に調査票を送付した。
結果と考察:
タスポ使用によるタバコの入手経験がある生徒の割合を2008年及び2010年を比較すると、中学生男子で「30日間で1日でも喫煙」;35.3%及び43.9%、毎日喫煙;56.4%及び74.8%、高校生男子で「30日間で1日でも喫煙」;28.8%及び46.2%、毎日喫煙;39.3%及び60.0%、中学生女子で「30日間で1日でも喫煙」;31.8%及び45.4%、毎日喫煙;58.5%及び64.4%、高校生女子で「30日間で1日でも喫煙」;26.5%及び48.9%、毎日喫煙;41.6%及び71.2%であった。2008年と2010年を経年的に比較して、タスポを使用したタバコの入手経験のある生徒の割合が増加していると考えられた。
結論:
経年的に観察して(1996年、2000年、2004年、2008年、2010年、2012年)飲酒率は概ね減少していると考えられた。
公開日 2013年05月28日
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2013年10月31日
更新日 -

行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201222027C

成果

専門的・学術的観点からの成果 わが国の中高生の喫煙及び飲酒行動の実態と関連要因を明らかにし、対策の評価と推進方策を検討する。健康日本21(第2次)の中間評価の評価指標を提出する。そのために、喫煙及び飲酒行動に関連する環境要因調査、喫煙及び飲酒を取り巻く新たな問題の調査を実施した。
臨床的観点からの成果 特になし。
ガイドライン等の開発 康日本21(第2次)および健やか親子21の中間・最終評価のための情報を得るためにもこの調査を実施することは時宜を得たものであり、その成果を用いて、わが国の現状と問題点及び解決方法を整理でき、喫煙及び飲酒対策の改善、推進のための方策を提言できた。第3回健康日本21(第2次)推進委員会(h27.3.9)
その他行政的観点からの成果 健康日本21(第2次)に基礎的データとして活用された。財務省、警察庁にタスポの効果に疑問があることを報告した。
その他のインパクト 2011年7月6日の全国紙に発表した。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 4件  
英文等 28件  
その他の論文 和文 2件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 8件  
国際学会等 2件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 2件  
普及・啓発活動 2件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
原著論文 1 Ikeda M, Kaneita Y, Ohida T et al  Epidemiological study of sleep habits among four- and- a-half-year-old children in Japan.   Sleep Med      13  787-794  2012    
原著論文 2 Munezawa T, ○Kaneita Y, ○Osaki Y, ○Kanda H, Ohtsu T, Minowa M, Suzuki K, Ohida T et al  The Association Between Use of Mobile Phones After Lights Out and Sleep Disturbances Among Japanese Adolescents: A Nationwide Cross-Sectional Survey.  Sleep     34  1013-1020  2011    
原著論文 3 Kanda H, Osaki Y, Ohida T et al  Age verification cards fail to fully prevent minors from accessing tobacco products.  Tobacco Control     20  163-165  2010    
原著論文 4 kinjo A, Imamoto A, Ikeda M,et al  the association between alcohol-flavored non alcoholic beverage and alcohol use in Japnese adolescents   Alcohol Alcohol     52  351-357  2017    
原著論文 5 Morioka H, itani O, Ohida T, et al  The association between alcohol use and problematic use  J Epidemiol     27  107-111  2016    
原著論文 6 Itani O, kaneita Y, Ohida T et al  Anger and impulsivity among Japanese adlecents  J Cin Psychiatry     77  860-866  2016    
原著論文 7 Yamamoto R, kaneita Y, Ohida t, et al  Irritable bowel syndrome among japnesen adolecenta  J Gatroenterol Hepatol     30  1354-1360  2015    
原著論文 8 Morioka H, Itani O, kaneita Y et al  factors affection unhappiness at school among Japanese adolecents  PLos One     e111844-   2014    
原著論文 9 Morioka H, Iani Ohida T, et al  Associatin between sleep diturbance and alcohol drinking  Alcohol     47  619-628  2014    
原著論文 10 itani O, kaneita Y, Ohida t, et al  disorder arousal and sleep related bruxism among Japanese adolecents  Sleep Med     14  532-541  2013    
原著論文 11 Tanihata T, kanda H, ohida T, et al  Unhealthy lifestyle,poor mental health and is correlation among adolecents  asia pac Public Health     27  1557-1565  2015    
原著論文 12 Osaki y, Ohida T,kanda H, et ak  Mobile phone use does not discourage adolecent smoking in Japan  Asia Pac J Cance Prev     13  1011-1014  2012    

公開日・更新日

公開日 2015年04月28日
更新日 2017年05月24日

▲このページのTOPへ