概要版

文献情報

文献番号 201205018A
報告書区分 総括
研究課題 化粧品中のタンパク質等の安全性に関する緊急疫学調査
課題番号 H24-特別-指定-027
研究年度 平成24(2012)年度
研究代表者(所属機関) 松永 佳世子(学校法人藤田学園 藤田保健衛生大学 医学部皮膚科学講座) 
研究分担者(所属機関)   
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 行政政策研究分野 厚生労働科学特別研究
開始年度 平成24(2012)年度
終了予定年度 平成24(2012)年度
研究費 8,000,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
 
研究方法:
 
結果と考察:
 
結論:
 
公開日 -
研究報告書

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2013年10月31日
更新日 -

行政効果報告(助成研究成果追跡資料)

文献情報

文献番号 201205018C

成果

専門的・学術的観点からの成果 本疫学調査を実施し、我々がこれまでに認識してこなかった“化粧品による経皮感作により誘発された食物アレルギー患者の存在”を明らかにした。今後、結果を公表することにより、経皮感作による食物アレルギーの危険性、また、化粧品成分の安全性評価基準および新規有害事象発生時の情報収集システムの確立の必要性を広く啓発しうることが予想され、これらの点で、意義深い研究であったと考える。
臨床的観点からの成果 グルパール19S以外の加水分解コムギ末における健康被害が疑われる症例は34例、化粧品に含まれる蛋白質およびその他の成分における健康被害が疑われる症例は33例(15例はコチニール色素による経皮感作疑い例)が報告され、本研究で確立した情報システムに症例が登録された。グルパール19Sの事例ほど症例数は多くはないが、グルパール19S以外の成分が含まれた香粧品による経皮感作が疑われた食物アレルギーの詳細な症例情報を収集することができた。
ガイドライン等の開発 ガイドラインについては今後の検討事項である。
その他行政的観点からの成果 行政的には今後の成果に期待する。
その他のインパクト マスコミや公開シンポジウムについては今後の成果に期待する。

発表状況

分類 種類 件数 備考
原著論文 和文 3件  
英文等 1件  
その他の論文 和文 0件  
英文等 0件  
学会発表 国内学会 10件  
国際学会等 1件  
その他の成果 特許 出願 0件  
特許 取得 0件  
施策への反映 0件  
普及・啓発活動 0件  

特許

分類 特許の名称 発明者名 権利者名 特許番号 出願年月日 取得年月日 国内外の別
               

主な原著論文20編(論文に厚生労働科学研究費の補助を受けたことが明記された論文に限る)

  著者名 タイトル 雑誌名 開始頁
-終了頁
掲載論文のDOI(デジタルオブジェクト識別子)
                 

公開日・更新日

公開日 2015年06月17日
更新日 2016年07月03日

▲このページのTOPへ