概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 201129014B
報告書区分 総合
研究課題 漢方処方配合生薬の安定供給及び持続的品質保持における国際標準化に関する研究
課題番号 H22-医療・一般-016
研究年度 平成23(2011)年度
研究代表者(所属機関) 関田 節子(徳島文理大学 香川薬学部) 
研究分担者(所属機関) 佐竹 元吉(富山大学 和漢医薬学総合研究所)、紺野 勝弘(富山大学 和漢医薬学総合研究所)、門脇 真(富山大学 和漢医薬学総合研究所)、小松 かつ子(富山大学 和漢医薬学総合研究所)、伏見 裕利(富山大学 和漢医薬学総合研究所)、代田 修(徳島文理大学 香川薬学部 )、紺野 裕之((独)医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センター)、中根 孝久(昭和薬科大学 薬学部)、篠崎 淳一(昭和薬科大学 薬学部)、高野 昭人(昭和薬科大学 薬学部) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究
開始年度 平成22(2010)年度
終了予定年度 平成23(2011)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
世界の何れの国も伝統薬の歴史を有していて薬用植物の重要さは全世界で認識されている。しかし、昨今は乱獲や環境要因さらに社会的影響により資源の枯渇が憂慮されており,資源保有国は輸出制限を行っている。生物多様性条約COP10で示唆されたように有用植物の所有権と利用開発は拮抗する問題も含んでいて人類の健康に必要な有用利用に翳りが起きていることも憂慮されている。漢方医療を健全に実施するためには配合生薬の安定供給及び持続的品質保持における国際標準化が必須である。これらの点の国際的啓発のために、初年度に関連諸国の専門家による国際シンポジウムを、次年度はWHO conservation of medicinal plantsガイドライン作成の富山会議開催に協力し採択を推進した。また、研究期間を通じて、生薬の品質保持、保存等を研究し今後の方策を検討した。
研究方法:
本研究構成研究者が実行委員となり、ヨーロッパ、アジア、南米、中近東、アフリカ地域から研究者及びWHOガイドライン作成に関わる委員を招聘し、富山県での会議を補佐した。漢方薬配合生薬の安定供給・品質確保・保存に関して、国内外の基原植物の調査、分子生物学的研究、含有成分の定性・定量分析、構造解析、薬効解析、海外の薬用植物の新規成分解明を行った。
結果と考察:
伝統医療の国際標準化シンポジウムに招聘した8名が世界における薬用植物の課題を講演・討議し地球規模での薬用植物保全に関するガイドラインの作成に理解を深めた。これを踏まえて、WHO/IUCN/WWF/TRRAFIC guidelines on conservation of medicinal plants 専門家会議を2012年10月14日から18日まで富山県で行われた。これまでに検討した改定案を基に真摯な意見が交わされ具体例を盛り込んだ最終案を作成した。分担研究では国外のCoptis teeta及び国内のキクバオウレン等の野生地調査とその遺伝子ならびに成分分析、E. intermediaの分子生物学的同定法、動物および鉱物生薬の品質評価、シコニンの薬効メカニズム、海外の薬用植物の成分解析等薬用植物の品質評価、有用性を示した。
結論:
研究課題を推進するためのWHOガイドラインは用語の確認作業を実行中で、発行後は実行力を伴う世界共通の認識となる。生薬の品質評価法、有用性の研究を推進した。
公開日 2012年05月30日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2013年02月04日
更新日 -

▲このページのTOPへ