概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 200934010A
報告書区分 総括
研究課題 代替医療の実態と有効性の科学的評価
課題番号 H19-免疫・一般-010
研究年度 平成21(2009)年度
研究代表者(所属機関) 岡本 美孝(千葉大学 大学院医学研究院) 
研究分担者(所属機関) 花澤 豊行(千葉大学 大学院医学研究院)、堀口 茂俊(千葉大学 大学院医学研究院)、河野 陽一(千葉大学 大学院医学研究院)、大久保 公裕(日本医科大学)、藤枝 重治(福井大学 医学部)、岡野 光博(岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科)、黒野 祐一(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科)、山本 正二(千葉大学 医学部附属病院) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究
開始年度 平成19(2007)年度
終了予定年度 平成21(2009)年度
研究費 32,000,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
国内のアレルギー疾患に対する代替医療の実態と、代替医療が持つ有用性について検証を行う。
研究方法:
研究班で作成したアンケート用紙による代替医療の実態調査と、有効性を検討しやすいアレルギー性鼻炎患者を対象に評価を継続して行った。
結果と考察:
1.代替医療の実態調査:@食物アレルギー患児での代替医療の受療率は19%で漢方薬(医師の処方によらない)、乳酸菌食品、プロポリスが上位を占め、年齢が上がるにつれ受療率は上昇した。A全国の成人アレルギー性鼻炎患者7,401名の代替医療受療率は19.3%で、女性に高く、小児アレルギー性鼻炎患者3,170名の受療率は7.1%であった。B代替医療への高額支出者の受療理由は、副作用が少ない、標準治療の副作用の危惧と効果の少なさを挙げる患者が多いのが特徴であった。2.代替医療の科学的評価:@通年性アレルギー性鼻炎患者を対象に甜茶の症状改善効果をプラセボを対照二重盲検試験で検討したが、用いた投与量(400mg/日)4週間ではプラセボ群と比較して有意差は明らかではなかった。Aマウスを用いた乳酸菌の検討で樹状細胞に抗原と共に投与することで、CCR7、PD-L2の発現亢進を誘導し、感作マウスの口腔粘膜下投与することで、感作マウスのIgEの主な産生部位である頸部リンパ節でのTh2サイトカインの選択的な抑制を示した。このような作用は抗RD-L2抗体の前処置により消失した。Bスギ花粉症へのスギ花粉エキスを用いた舌下免疫療法に対し、乳酸菌の口内錠がアジュバントとして有効かどうかについてプラセボ口内錠を対照に二重盲検試験で検討したところ、症状改善効果、特異的Th2サイトカイン産生抑制効果が認められた。C海綿抽出糖脂質と抗原で刺激した樹状細胞を、口腔粘膜に投与することで、抗アレルギー作用が感作マウスでみられた。D鼻閉改善のプラセボ効果を条件付けた被験者でfunctional MRIで脳賦活化を可視化することが可能であった。また、臨床試験参加者を対象に、プラセボ投与によって改善効果発現者の性格調査を行ったが、社会適応性、情緒安定性が高い症例が有意に高い結果であった。
結論:
様々な代替医療が用いられているが、受療者の解析、プラセボ効果の検討からは患者満足度の高い治療の提供が求められていることを反映する結果であった。代替医療の多くは有効性の確認が容易ではないが、検討の継続が期待されるものもみられる。
公開日 2010年05月19日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2011年02月16日
更新日 -

▲このページのTOPへ