概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 200835016B
報告書区分 総合
研究課題 がん治療による副作用の緩和に関する統合医療の研究
課題番号 H18-医療・一般-021
研究年度 平成20(2008)年度
研究代表者(所属機関) 下山 直人(国立がんセンター中央病院 手術・緩和医療部) 
研究分担者(所属機関) 花輪 壽彦(北里大学東洋医学総合研究所)、津嘉山 洋(筑波技術大学保健科学部附属東西学統合医療センター)、河野 勤(国立がんセンター中央病院 乳腺腫瘍内科) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 地域医療基盤開発推進研究
開始年度 平成18(2006)年度
終了予定年度 平成20(2008)年度
研究費  
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
がん患者の治療に伴う痛みとして、パクリタキセル惹起性末梢神経障害関連の苦痛を取り上げ、それに対する鍼灸および漢方を中心として統合医療の有用性を検証する。
研究方法:
目的の実現のために、1.がん患者に対する鍼灸治療の現状調査を行うとともに、それをもとに臨床治験を計画すること、2.がん患者の苦痛に対する鍼灸治療の認知度のアンケート調査をおこない、そのニーズに応じてのガイドラインの作成を行うこと、3.漢方薬の上記に対する有効性を検討するため疎経活血湯を用い1)臨床研究、2)基礎研究を行うこと、4.西洋薬であるNSAIDs(エトドラック)を用い、末梢神経障害の予防効果に関する研究を計画すること、以上を行う。
結果と考察:
1.国立がんセンター中央病院において、鍼灸治療の対象となった60例の患者のがん患者の苦痛を分析した。頻度が高かったのは、しびれ、便秘、筋肉のこりといずれも17例(28.8%)と最も多かった。また、痛みの成因に関してもがんそのものの痛みよりも、治療に伴う痛みの頻度の方が高かった。有効性が高い治療に伴う苦痛の緩和に焦点をしぼり、化学療法に伴う末梢神経症状の緩和に関する臨床試験を計画した。 倫理審査委員会審査をうけ、2008年12月までに2例の症例に対して治療を行った。2.鍼灸のがん患者の苦痛症状に関するガイドライン作成のため、エビデンスの集積ののち推奨項目を作成しガイドライン案を作成した。3.疎経活血湯の末梢神経障害に対する1)臨床効果の検討をおこなった。プロトコールに従い、21年1月末時点でパクリタキセル群16例のエントリーがあったが、メコバラミンを対象とした検討では有意な差を認めなかった。2)モデルマウスを用いて、漢方薬の有効性や作用機序についても検討し、化学療法の副作用軽減における漢方薬の有用性を総合的に検証することを試みた。その結果、漢方に関しては、末梢神経の変成を形態学的に検討できるモデルを作成することが可能となり、それを指標にして、動物の疼痛行動との比較が可能となった。4.交感神経活動を指標としてサーモグラフィーを用い末梢温を評価した結果、痛み、しびれの強さとの相関はなかった。エトドラックの研究では、神経症状の予防効果に関する研究を計画した。
結論:
鍼灸、漢方を中心とした統合医療の有効性を臨床治験により検討し続けていく必要がある。
公開日 2009年06月17日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2009年12月11日
更新日 -

▲このページのTOPへ