概要版
概要版    報告書本文     

文献情報

文献番号 200619055A
報告書区分 総括
研究課題 脳内移行性アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤投与によるアルツハイマー病の新規治療法の確立
課題番号 H17-長寿-一般-045
研究年度 平成18(2006)年度
研究代表者(所属機関) 大類 孝(東北大学病院) 
研究分担者(所属機関) 岩崎 鋼(東北大学医学部先進漢方治療医学講座) 
研究区分 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 長寿科学総合研究
開始年度 平成17(2005)年度
終了予定年度 平成18(2006)年度
研究費 3,780,000円
研究者交替、所属機関変更  

研究報告書(概要版)

概要版 研究目的:
最近の諸外国の研究によると、アルツハイマー病(AD)の患者では脳内のアンジオテンシン変換酵素(ACE)活性が亢進しており、結果として過剰産生されるアンジオテンシンIIが脳神経細胞からのアセチルコリンの遊離を抑制し、その結果認知機能の低下が生じると報告された。私は本研究で、わが国で使用されている降圧剤の中で、脳移行性が確認されているACE阻害剤(ペリンドプリル)の投与が、高血圧合併AD患者において脳内のACE活性を抑制することにより病勢の進行を抑える事を明らかにし、ADの新たな治療法を確立する事を目的にする。
研究方法:
東北大学病院およびその関連病院に通院中の高血圧を合併したAD患者230名(男性49名、平均年齢76歳)を、無作為に脳移行性ACE阻害剤(ペリンドプリル)投与群(n=75、男性17名、平均年齢76歳)、脳非移行性ACE阻害剤(エナラプリル)投与群(n=64、男性13名、平均年齢77歳)およびカルシウム拮抗剤(二フェジピン)投与群(n=91、男性19名、平均年齢76歳)の3群に分け、1年間にわたって認知機能(Mini Mental State Examination=MMSE)を追跡調査した。研究においては、プライバシーの保護などの倫理面での配慮を行った。
結果と考察:
1年間のMMSEスコアの平均変化率は、ペリンドプリル群:−0.9±0.2、エナラプリル群:−4.8±0.9、ニフェジピン群:−5.2±1.2と、ペリンドプリル群では、その他の降圧剤に比してAD患者の認知機能の低下を有意に抑制する事が明らかにされた(p<0.01)。また、各群間の血圧値に有意差を認めなかった。 私は本研究で、わが国で使用されている降圧剤の中で、脳移行性が確認されているACE阻害剤の投与が、AD患者において脳内のACE活性を抑制することにより病勢の進行を抑える事を明らかにした。このような視点でのADの治療法はこれまで全く提唱されておらず、世界的にみて極めて独創的かつ画期的な方法と考えられる。
結論:
高血圧を合併したAD患者において、脳移行性ACE阻害剤はその他の降圧剤に比して、AD患者の認知機能の低下を有意に抑制する事およびその効果は降圧作用以外の機序でもたらされる可能性が示された。
公開日 2007年03月20日
研究報告書
概要版    報告書本文     

ファイルリスト

公開日・更新日

公開日 2007年11月27日
更新日 -

▲このページのTOPへ